診療内容

白内障手術体験談

実際に白内障手術を受けた患者様の症例集です。
白内障手術をご検討中の方は手術の情報収集にお役立てください。

多焦点眼内レンズ

杉並区60代女性 白内障手術症例㊴(皮質白内障+遠視・3焦点型多焦点レンズ:パンオプティクス)

半年ほど前より左眼の見えにくさを自覚し、他院にて左眼の白内障を指摘されたとのことで手術相談にて初診された方です。保険のお仕事をされおり、当初より先進医療保険を利用した多焦点レンズでの手術を検討されておりました。左眼優位の皮質白内障のほか+2.0D程度の遠視による強い老眼の訴えもあり、仕事がら近見はシッカリ見たいとの希望でしたので、近見加入+3.2Dの最新の先進医療適応である3焦点レンズPanOptix(パンオプティクス)を先行使用しての手術をご提案させていただきました。
軽度散瞳不良眼でしたが手術は問題なく終了し、手術翌日から遠近とも裸眼1.2と非常に良好な視力に大変満足していただけました。白内障手術される方としては比較的若い年齢の方でしたが、やはり術後の視力の立ち上がりの良さは、年齢の影響を感じます。
3焦点レンズPanOptix(パンオプティクス)は、この方のように夜間運転機会もなく眼鏡依存度を減らしたい方にはとても良い眼内レンズだと思われますが、懸念されるハログレアも2焦点レンズとほぼ同等であり、光エネルギーロスは2焦点レンズよりも少ないと報告されております。当院では運転されている方にも使用歴がありますので、手術やレンズ選択について迷われている方はお気軽にご相談ください。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.4(0.8)

    左眼
    遠見:0.4(0.5)

  • 術後

    右眼
    遠見:1.2p(1.5)
    近見:1.2p(1.2)

    左眼
    遠見:1.2(1.5)
    近見:1.2(n.c.)

多焦点眼内レンズ

西東京市50代女性 白内障手術症例㊳(レーシック後・左眼:3焦点型多焦点レンズ:パンオプティクス)

片眼のLASIK後の白内障ですが、眼内レンズ度数計算が困難とのことで、紹介の紹介で近隣中核病院から初診された方です。左眼はグレード3程度の核白内障のほか瞳孔領を覆う皮質白内障により視力0.2(0.5)まで低下をきたしておりました。当初は単焦点レンズにてお話を進めておりましたが、お仕事でパソコン使用頻度が高く、LASIK眼でしたが角膜高次収差も少なかったため、多焦点レンズの選択肢をお話しさせていただきました。先進医療保険に加入しており運転機会もないことより、ご相談の結果、先進医療保険対応の最新の3焦点レンズであるパンオプティクス(PanOptix)を希望されました。
LASIK眼であるため眼内レンズ度数の術後屈折誤差のリスクをふまえ説明させていただいたところ、近方優位の見え方を希望されましたので、OPD-scanでの角膜屈折度とLASIK前の屈折度情報を使用して眼内レンズ度数を決定させていただきました。
術者としては手術はもちろんですが、LASIK眼の白内障手術翌日の検査では、屈折誤差がないかとりわけドキドキします。LASIKを受けている方は、もとより見え方の質に対し意識が高い方が多いので心配でしたが、懸念されていた術後屈折誤差も生じず、近見・遠見とも裸眼1.0程度の視力に大変満足いただきました。そして術後は、僚眼である右眼の近見視力が0.4と不良であることが気になると言われ、そちらの手術もさっそくご予約いただきました。
最近の学会誌には、来年2020年の春頃で多焦点眼内レンズの先進医療適応がなくなる見通しであるため、駆け込み手術が殺到して現場が混乱しないように注意喚起が掲載されておりました。先進医療保険を利用して多焦点レンズでの手術を検討されている方は、ご注意とともに余裕をもって早めにご相談ください。

  • 術前

    右眼
    遠見:1.2p(1.5)
    近見:0.4(1.0)

    左眼
    遠見:0.2p(0.5p)
    近見:0.4(0.5)

  • 術後

    右眼
    手術なし

    左眼
    遠見:1.2(n.c.)
    近見:1.0p(1.0)

多焦点眼内レンズ

世田谷区70代女性 白内障手術症例㊲(遠視眼・3焦点型多焦点レンズ:パンオプティクス)

当院で手術を受けた保険のお仕事をされている友人から勧められたとのことで、多焦点レンズを用いた白内障手術希望にて初診された方です。昨年から遠くも近くも見えにくいとの訴えで、年齢相応の白内障に加え遠視化もきたしており、両眼とも矯正しても0.3~0.4程度の視力に低下しておりました。
運転機会もなく先進医療対応の3焦点レンズであるパンオプティクス(PanOptix)での手術を希望されましたが、近見での事務作業を優先させたいとのことで、非優位眼は目標屈折度をやや近方優位に設定させていただきました。
短眼軸長の方でしたが手術は問題なく終了し、術後屈折誤差もなく両眼視で遠方1.5、近方1.2の裸眼視力に大変満足していただけました。パンオプティクスの近方焦点距離は約40cmとなりますので、30cmの距離はやや見えにくいと思われます。この方のように小柄な方は、一般的とされる読書距離よりもやや近い距離で見ていることが多いですので、術前にきちんと希望距離を把握しておくことをお勧めいたします。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.3(0.4)

    左眼
    遠見:0.3(0.4)

  • 術後

    右眼
    遠見:1.2(n.c.)
    近見:1.5(n.c.)

    左眼
    遠見:0.9(1.0)
    近見:1.0(1.2)

多焦点眼内レンズ

練馬区40代女性 白内障手術症例㊱(外傷性白内障・片眼:乱視用3焦点型多焦点レンズ:パンオプティクストーリック)

他院にて片眼の外傷性白内障を指摘され、手術目的にて初診された方です。高校生の頃に交通外傷に遭われ9年前から左眼の外傷性白内障を指摘されていたとのことですが、強い前嚢線維化と後嚢下混濁を認め、視力0.2(矯正不能)に低下しておりました。白内障のほかにも左眼のみ強い角膜乱視を認め、原因は不明ですが片眼性であることからこちらも外傷の影響が疑われました。
まだ40代ということもあり老眼鏡使用には抵抗があるとのことで、当初より先進医療保険を利用した多焦点レンズでの手術をご希望されていました。乱視が強いため乱視矯正効果に安定感のあるアクティブフォーカス・トーリックでの手術を予定しましたが、手術予定日の2週間ほど前に当院が3焦点レンズであるパンオプティクス(PanOptix)の先行使用施設に認定されたとの案内があったため、こちらから選択肢が増えたことを連絡させていただき再度ご相談となりました。
もともと10月末に3焦点レンズが発売される旨は事前にお話していたのですが、それまで見えない状態は耐え難いととのことで、2焦点レンズで早めの手術を希望されていました。外傷性白内障は進みだすと進行が早いため、術者としては安全なうちに早めに手術したいのですが、当初の予定よりも早く3焦点レンズであるパンオプティクス(PanOptix)での手術が可能ならばと延期しての手術となりました。
外傷性に加え、前房深度の左右差が1mm以上ありチン小帯脆弱が予測されたため、場合によっては乱視用のパンオプティクス・トーリック(PanOptix Toric)は使用できない可能性もあり、念のため通常のパンオプティクス(PanOptix)と、単焦点レンズの3種類のレンズを用意しての手術となりました。
術中は予想よりもチン小帯はしっかりしており、CTR(補助リング)も使用せず、予定通りパンオプティクス・トーリック(PanOptix Toric)を使用して無事手術を終えることができました。
術翌日は近見視力0.7程度とやや不良でしたが、術後2ヶ月経過した現在は、裸眼視力で遠方1.2・近方1.0と、手術したのも忘れるくらいだと大変満足していただいております。
アルコン社の3焦点レンズ・パンオプティクス(PanOptix)は、夜間のハログレアが気にならなければ、眼鏡を使用したくない方には最も向いている先進医療対応多焦点レンズだと思われます。その他、ジョンソン&ジョンソン社も2焦点のテクニスマルチと、焦点深度拡張型のシンフォニーを合わせたような新しい多焦点レンズ(TECNIS Synergy)を海外では発表しており、良好な結果が報告されています。

多焦点レンズの進歩は早いため、より良いレンズをと考えるとなかなか手術タイミングの決定が難しいと思われます。手術を検討されている方には、白内障進行に伴う手術リスクをふまえてアドバイスさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.9p(1.2)

    左眼
    遠見:0.2(n.c.)

  • 術後

    右眼
    手術なし

    左眼
    遠見:1.2(1.5p)
    近見:1.0(1.5)

多焦点眼内レンズ

杉並区50代女性 白内障手術症例㉟(最強度近視・片眼:乱視用3焦点型多焦点レンズ:パンオプティクストーリック)

飛蚊症と光がまぶしく感じるとのことで白内障手術相談にて初診された方です。-10Dを超える最強度近視であり核白内障に加へ右眼は前嚢下に強い混濁がありアトピーや外傷も疑われましたが、いずれもで心当たりはないとのことでした。普段はソフトコンタクトレンズを使用されておりましたので、ご希望どおり、まずは右眼のみの手術を予定させていただきました。
先進医療保険加入であり多焦点レンズを用いをご希望されており、運転機会はなく事務仕事を優先されたいとのことでしたが、強度近視に加え3.0D以上の強い角膜乱視もありましたので、乱視用のパンオプティクストーリック(PanOptix toric)をご提案させていただきました。
術前の乱視軸のマーキングのときから非常に緊張されていましたが手術は問題なく終了し、懸念された強度近視眼特有の術後屈折誤差も生じませんでした。術前0.08(0.4)だった視力は、術後裸眼で遠方1.2、近方1.2pと劇的に改善し、コンタクトレンズを使用しない生活に大変満足され、術後にはさっそく左眼の手術も予約していただきました。
私自身が手術を受けてるわけではないので、患者様から術後の感想を聞くことでしか実際の評価はできませんが、手術する側としてパンオプティクスを使用して特に感じることは、術後診察時の眼底の見え方が、他の多焦点レンズに比べてとても良いことです。こちらから眼底がよく見えるということは、患者様側からも同様のクオリティーでよく見えているのだろうと思われます。パンオプティクス(PanOptix)は最新の先進医療認定の3焦点型多焦点レンズであり、現時点ではそれほど情報も多くないと思われますので、随時情報をアップデートさせていただきます。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.04(0.4)

    左眼
    遠見:0.04(0.9p)

  • 術後

    右眼
    遠見:1.2(1.5)
    近見:1.2p(n.c.)

    手術なし

多焦点眼内レンズ

杉並区60代男性 白内障手術症例㉞(右眼:3焦点眼内レンズ:パンオプティクス/左眼:アクティブフォーカス)

1年以上前に遠くも近くも見えにくいとのことで白内障相談で初診された方です。当時はまだ白内障も軽度で眼鏡矯正にて対応できたため、手術はお勧めせず経過観察とさせていただきましたが、このたびさらに見えにくくなり、お仕事である運転にも支障が出はじめたとのことで再診されました。遠視眼であり老眼も強く、皮質白内障が進行し矯正視力も低下していたため手術適応ありと判断しました。先進医療保険を利用して多焦点レンズでの手術を希望されましたが、職業ドライバーであり夜間の光のにじみの運転への影響が懸念されましたので、先進医療適応レンズの中では最もハログレアが少ないと思われるアクティブフォーカスでの手術をお勧めさせていただきました。ご本人は最新の3焦点型多焦点レンズであるPanOptix(パンオプティクス)も捨てがたいとのことでしたが、理論的には焦点数が増えるとハログレアも増えてしまうため、夜間運転のある職業ドライバーの方には向かない可能性があります。その旨をご理解いただき、安全策として、まず左眼はアクティブフォーカスで手術を行い、ハログレアが気にならなければ右眼はPanOptix(パンオプティクス)というプランで手術にのぞみました。
左眼術後、やや近方の見え方が心もとないが、夜間運転時でも特にハログレアは気にならず運転にも支障がないとのことでしたので、右眼はパンオプティクスでの手術となりました。結果としてパンオプティクスの右眼は遠方1.5p,近方1.2pと遠近とも良好な視力に大変満足いただきました。アクティブフォーカスの左眼も遠方1.2,近方0.9と良好ですが、近方視力の差はレンズの加入度数の差=0.75D(パンオプティクス+3.25D,アクティブフォーカス+2.5D)によるものと思われます。懸念していたハログレアは、片目ずつで見るとやはりアクティブフォーカスよりもパンオプティクスの方がやや多い(特にハロ)とのことでしたが、運転に支障がでるほどではないとのことでした。
PanOptix(パンオプティクス)は現時点で先進医療認定の唯一の3焦点型多焦点レンズとなります。焦点距離の理論値は遠方・60cm・40cmとなりますが、実測値としては焦点間の視力の落ち込みもほとんどありません。唯一の懸念事項はハログレアとなりますが、こちらは2焦点型レンズのレストアとほぼ同様と言われておりますので、3焦点レンズの中では少ない方となります。国内発売は10月末の予定ですが、当院は先行使用施設に認定されているため既に先進医療対応として使用可能です。夜間運転機会が少なく、なるべく眼鏡使用頻度を減らしたい方などに向いていると思われますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.6(1.0)

    左眼
    遠見:0.4(0.6)

  • 術後

    右眼
    遠見:1.5p(1.5)
    近見:1.2p(1.2)

    左眼
    遠見:1.2(1.5)
    近見:0.9(1.0)

単焦点眼内レンズ

杉並区70代女性 白内障手術症例㉝(単焦点レンズ:近方目標)

角膜びらんによる眼痛で初診の方でしたが、お母様が白内障でほぼ失明されたとのことで手術相談されました。短眼軸長による遠視のため強い老眼であり、近方はもちろん遠方矯正視力も低下しておりましたので、屈折矯正効果のメリットもあり手術をお勧めさせていただきました。当初は多焦点レンズをご検討されておりましたが、老眼鏡使用するとクラクラしてしまうため、近方を眼鏡なしで見たいとの希望が強く、ご相談のうえ単焦点での手術をお勧めさせていただきました。
お若い頃は目が良い(眼鏡なしで遠くがよく見える)方ですので、単焦点レンズで近方に焦点を合わせてしまうと、眼鏡なしでは遠くはむしろ現時点よりも見えにくくなってしまう旨を、何度も説明させていただきました。
同じような屈折度の方で希望どおり近方目標に設定したところ、術後やはり遠くにしておけば・・・と後悔された方を経験したことがあるため何度も確認しましたが、遠方は必要時眼鏡装用すれば現在よりも視力改善するのであれば、やはり読書距離を目標屈折度としたいとのことでした。相談の結果、読書~料理時のまな板も見えるくらいに、単焦点レンズでの近方マイクロモノビジョンで度数設定を行いました。
角膜混濁があり視認性の悪い手術でしたが問題なく終了し、術後も私の危惧に反して、近方が眼鏡なしではっきり見えることに大変満足していただけました。
もともと近視の方が遠方に合わせた、白内障手術体験談㉜と逆のパターンで、もともと遠視の方が近方に合わせた症例でしたので、手術を検討されている方のご参考になるかと体験談に追加させていただきました。ライフスタイルも多様化しており希望も人それぞれですので、ご自分の優先度を明確にされることが術後満足度につながると思われます。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.2(0.8x S+1.75D)

    左眼
    遠見:0.3(0.4x S+1.75D)

  • 術後

    右眼
    遠見:0.1(1.2x S-2.75D)

    左眼
    遠見:0.2(1.2x S-2.25D)

単焦点眼内レンズ

調布市60代女性 白内障手術症例㉜(皮質白内障:単焦点レンズ)

2年前に他院で白内障指摘され、半年前からは自覚的にも遠近とも見えにくいとのことで初診されました。両眼とも核硬度はgrade2もない程度でしたが、左眼優位の強い皮質混濁を伴っていました。皮質白内障は硬さはそれほどでもないため、超音波をそれほど使用せず白内障を取り除くことができますが、白く霞んで見える霧視や、混濁での乱反射による夜間の光がまぶしく感じるなど自覚症状が強くでるタイプの白内障です。
この方は-0.75~-1.0程度の軽度近視でしたが、運転を優先させたいとのことで遠方がばっちり見えるように希望されました。通常こういう方の焦点を遠方に合わせてしまうと、術前よりも近くの距離が見えにくくなるため、希望通りになっても術後に後悔されることがあります。そのため、上記のようなことも起こりうる点をしっかり確認させていただいたうえ、レンズ度数を選択させていただきました。
結果としてわずかに近視を残しつつ、裸眼で両眼とも1.2以上の良好な視力に大変満足していただけました。
私自身軽い近視ですので、それほど遠くが見えなくても不自由ないはずなのに・・・と考えてしまうこともありますが、術後満足度を高めるためには、やはり患者様それぞれのご希望やライフスタイルに則した目標屈折度の設定が重要だと思われます。もちろんご自分で決めかねる方はお気軽にご相談ください。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.8(1.2)

    左眼
    遠見:0.5(0.6)

  • 術後

    右眼
    遠見:1.5p(1.5)

    左眼
    遠見:1.5(n.c.)

多焦点眼内レンズ

朝霞市50代女性白 内障手術症例㉛(レーシック後・焦点深度拡張型多焦点レンズ:シンフォニー)

レーシック後の片眼の白内障で、多焦点レンズによる白内障手術をご希望にて初診された方です。
レーシックでは角膜が切除されているため、通常の眼内レンズ度数計算式では屈折誤差が生じてしまいます。そこでアメリカの屈折矯正手術学会が推奨する特別な計算式のほか、白内障手術体験談⑭の方と同様に、wave-front(波面収差)アナライザーであるOPD-ScanⅢ®による平均角膜屈折度を使用し、Camellin-Calossi式によりレンズ度数を決定しました。目標屈折度に関してはご本人と相談の上ごシンフォニーをやや近方優位に設定させていただきました。
本症例の方はレーシック術前のデータも持参されていたため、より高い精度で目標どおりの屈折度を得ることができ、遠近とも裸眼で1.0以上の良好な視力に大変満足していただけました。最近ではレーシック術前のデータを使用しない計算式も複数開発されておりますが、個人的な使用経験としては、やはり術前データを使用した計算式の方がより正確なレンズ度数が選択できています。
より満足度の高い結果を得るためにも、レーシック手術をされている方は術前のデータの入手、無理な方は以前使用していた眼鏡やコンタクトレンズの情報だけでも記録しておくことをお勧めします。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.9(1.5)

    左眼
    遠見:0.4(0.4)

  • 術後

    右眼
    手術なし

    左眼
    遠見:1.0(1.5)
    近見:1.2(1.2)

多焦点眼内レンズ

横浜市60代男性 白内障手術症例㉚(ブレンドビジョン:焦点深度拡張型多焦点レンズ:シンフォニー)

大学病院で多焦点レンズによる右眼の白内障手術を施行され、今度は左眼の手術を希望にて紹介初診された方です。右眼は昨年2焦点型多焦点レンズであるテクニスマルチの+4D加入(近方約30cm用)を使用して手術されていました。裸眼にて遠方1.5・近方1.0と非常に良好な視力で、特に手元がよく見えると満足されていましたが、1m程度の中間距離が少しぼやけるとのことでした。また写真をされるとのことでしたので、異なるタイプの多焦点レンズとなりますが、左眼はコントラスト感度の低下が少なく、中間~遠方がよく見えるシンフォニーをご提案させていただきました。シンフォニーは、右眼のテクニスマルチと同じプラットフォームの回折型多焦点レンズでありますが、2焦点ではなく焦点深度拡張型となります。
両者の特徴を簡単に説明すると、「2焦点型は手元の視力は良好だが中間距離が弱く、コントラスト感度が低下しやすい」、「焦点深度拡張型は手元の視力は弱いが中間から遠方は良好で、ハログレアも少なくコントラスト感度の低下も少ない」となります。このように左右で異なるタイプの多焦点レンズを使用することで、それぞれのレンズの弱い点を補う方法はブレンド・ビジョンと呼ばれ、近年学会でも使用報告が増えています。
上記の特徴を説明させていただいたところ、患者様も左眼はシンフォニーの使用をご希望され手術は問題なく終了し、術後裸眼視力は遠方1.2・近方0.9と良好な視力に大変満足していただけました。また、術後に感覚的に左右どちらの見え方が良いか?とうかがってみたところ、シンフォニーの左眼の方がはっきり見えると言われていました。今回はシンフォニーと+4D加入の2焦点型とのブレンドビジョンでしたが、他の方で+3.25D加入(近方約40cm用)との比較でも、やはりシンフォニーの方がよく見えると言われていました。こちらはやはりシンフォニーは光エネルギーロスが8%と少なく(テクニスマルチは18%)、コントラスト感度が良いためと思われます。
現代医療では遠方から近方まで全てが見えるレンズは存在しませんが、それぞれの多焦点レンズの特性を活用して、患者様のご希望に近づけるようレンズ選択の提案をさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

  • 術前

    右眼(他院で手術済)
    遠見:1.5(n.c.)
    近見:1.0(1.2)

    左眼
    遠見:0.5(0.8)
    近見:0.9(n.c.)

  • 術後

    右眼(他院で手術済)
    遠見:1.5(n.c.)
    近見:1.0(1.2)

    左眼
    遠見:1.2(2.0)
    近見:0.9(1.2)