診療内容

白内障手術体験談

実際に白内障手術を受けた患者様の症例集です。
白内障手術をご検討中の方は手術の情報収集にお役立てください。

多焦点眼内レンズ

杉並区50代女性 白内障手術症例㉟(最強度近視・片眼:乱視用3焦点型多焦点レンズ:パンオプティクストーリック)

飛蚊症と光がまぶしく感じるとのことで白内障手術相談にて初診された方です。-10Dを超える最強度近視であり核白内障に加へ右眼は前嚢下に強い混濁がありアトピーや外傷も疑われましたが、いずれもで心当たりはないとのことでした。普段はソフトコンタクトレンズを使用されておりましたので、ご希望どおり、まずは右眼のみの手術を予定させていただきました。
先進医療保険加入であり多焦点レンズを用いをご希望されており、運転機会はなく事務仕事を優先されたいとのことでしたが、強度近視に加え3.0D以上の強い角膜乱視もありましたので、乱視用のパンオプティクストーリック(PanOptix toric)をご提案させていただきました。
術前の乱視軸のマーキングのときから非常に緊張されていましたが手術は問題なく終了し、懸念された強度近視眼特有の術後屈折誤差も生じませんでした。術前0.08(0.4)だった視力は、術後裸眼で遠方1.2、近方1.2pと劇的に改善し、コンタクトレンズを使用しない生活に大変満足され、術後にはさっそく左眼の手術も予約していただきました。
私自身が手術を受けてるわけではないので、患者様から術後の感想を聞くことでしか実際の評価はできませんが、手術する側としてパンオプティクスを使用して特に感じることは、術後診察時の眼底の見え方が、他の多焦点レンズに比べてとても良いことです。こちらから眼底がよく見えるということは、患者様側からも同様のクオリティーでよく見えているのだろうと思われます。パンオプティクス(PanOptix)は最新の先進医療認定の3焦点型多焦点レンズであり、現時点ではそれほど情報も多くないと思われますので、随時情報をアップデートさせていただきます。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.04(0.4)

    左眼
    遠見:0.04(0.9p)

  • 術後

    右眼
    遠見:1.2(1.5)
    近見:1.2p(n.c.)

    手術なし

多焦点眼内レンズ

杉並区60代男性 白内障手術症例㉞(右眼:3焦点型多焦点レンズ:パンオプティクス/左眼:アクティブフォーカス)

1年以上前に遠くも近くも見えにくいとのことで白内障相談で初診された方です。当時はまだ白内障も軽度で眼鏡矯正にて対応できたため、手術はお勧めせず経過観察とさせていただきましたが、このたびさらに見えにくくなり、お仕事である運転にも支障が出はじめたとのことで再診されました。遠視眼であり老眼も強く、皮質白内障が進行し矯正視力も低下していたため手術適応ありと判断しました。先進医療保険を利用して多焦点レンズでの手術を希望されましたが、職業ドライバーであり夜間の光のにじみの運転への影響が懸念されましたので、先進医療適応レンズの中では最もハログレアが少ないと思われるアクティブフォーカスでの手術をお勧めさせていただきました。ご本人は最新の3焦点型多焦点レンズであるPanOptix(パンオプティクス)も捨てがたいとのことでしたが、理論的には焦点数が増えるとハログレアも増えてしまうため、夜間運転のある職業ドライバーの方には向かない可能性があります。その旨をご理解いただき、安全策として、まず左眼はアクティブフォーカスで手術を行い、ハログレアが気にならなければ右眼はPanOptix(パンオプティクス)というプランで手術にのぞみました。
左眼術後、やや近方の見え方が心もとないが、夜間運転時でも特にハログレアは気にならず運転にも支障がないとのことでしたので、右眼はパンオプティクスでの手術となりました。結果としてパンオプティクスの右眼は遠方1.5p,近方1.2pと遠近とも良好な視力に大変満足いただきました。アクティブフォーカスの左眼も遠方1.2,近方0.9と良好ですが、近方視力の差はレンズの加入度数の差=0.75D(パンオプティクス+3.25D,アクティブフォーカス+2.5D)によるものと思われます。懸念していたハログレアは、片目ずつで見るとやはりアクティブフォーカスよりもパンオプティクスの方がやや多い(特にハロ)とのことでしたが、運転に支障がでるほどではないとのことでした。
PanOptix(パンオプティクス)は現時点で先進医療認定の唯一の3焦点型多焦点レンズとなります。焦点距離の理論値は遠方・60cm・40cmとなりますが、実測値としては焦点間の視力の落ち込みもほとんどありません。唯一の懸念事項はハログレアとなりますが、こちらは2焦点型レンズのレストアとほぼ同様と言われておりますので、3焦点レンズの中では少ない方となります。国内発売は10月末の予定ですが、当院は先行使用施設に認定されているため既に先進医療対応として使用可能です。夜間運転機会が少なく、なるべく眼鏡使用頻度を減らしたい方などに向いていると思われますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.6(1.0)

    左眼
    遠見:0.4(0.6)

  • 術後

    右眼
    遠見:1.5p(1.5)
    近見:1.2p(1.2)

    左眼
    遠見:1.2(1.5)
    近見:0.9(1.0)

単焦点眼内レンズ

杉並区70代女性 白内障手術症例㉝(単焦点レンズ:近方目標)

角膜びらんによる眼痛で初診の方でしたが、お母様が白内障でほぼ失明されたとのことで手術相談されました。短眼軸長による遠視のため強い老眼であり、近方はもちろん遠方矯正視力も低下しておりましたので、屈折矯正効果のメリットもあり手術をお勧めさせていただきました。当初は多焦点レンズをご検討されておりましたが、老眼鏡使用するとクラクラしてしまうため、近方を眼鏡なしで見たいとの希望が強く、ご相談のうえ単焦点での手術をお勧めさせていただきました。
お若い頃は目が良い(眼鏡なしで遠くがよく見える)方ですので、単焦点レンズで近方に焦点を合わせてしまうと、眼鏡なしでは遠くはむしろ現時点よりも見えにくくなってしまう旨を、何度も説明させていただきました。
同じような屈折度の方で希望どおり近方目標に設定したところ、術後やはり遠くにしておけば・・・と後悔された方を経験したことがあるため何度も確認しましたが、遠方は必要時眼鏡装用すれば現在よりも視力改善するのであれば、やはり読書距離を目標屈折度としたいとのことでした。相談の結果、読書~料理時のまな板も見えるくらいに、単焦点レンズでの近方マイクロモノビジョンで度数設定を行いました。
角膜混濁があり視認性の悪い手術でしたが問題なく終了し、術後も私の危惧に反して、近方が眼鏡なしではっきり見えることに大変満足していただけました。
もともと近視の方が遠方に合わせた、白内障手術体験談㉜と逆のパターンで、もともと遠視の方が近方に合わせた症例でしたので、手術を検討されている方のご参考になるかと体験談に追加させていただきました。ライフスタイルも多様化しており希望も人それぞれですので、ご自分の優先度を明確にされることが術後満足度につながると思われます。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.2(0.8x S+1.75D)

    左眼
    遠見:0.3(0.4x S+1.75D)

  • 術後

    右眼
    遠見:0.1(1.2x S-2.75D)

    左眼
    遠見:0.2(1.2x S-2.25D)

単焦点眼内レンズ

調布市60代女性 白内障手術症例㉜(皮質白内障:単焦点レンズ)

2年前に他院で白内障指摘され、半年前からは自覚的にも遠近とも見えにくいとのことで初診されました。両眼とも核硬度はgrade2もない程度でしたが、左眼優位の強い皮質混濁を伴っていました。皮質白内障は硬さはそれほどでもないため、超音波をそれほど使用せず白内障を取り除くことができますが、白く霞んで見える霧視や、混濁での乱反射による夜間の光がまぶしく感じるなど自覚症状が強くでるタイプの白内障です。
この方は-0.75~-1.0程度の軽度近視でしたが、運転を優先させたいとのことで遠方がばっちり見えるように希望されました。通常こういう方の焦点を遠方に合わせてしまうと、術前よりも近くの距離が見えにくくなるため、希望通りになっても術後に後悔されることがあります。そのため、上記のようなことも起こりうる点をしっかり確認させていただいたうえ、レンズ度数を選択させていただきました。
結果としてわずかに近視を残しつつ、裸眼で両眼とも1.2以上の良好な視力に大変満足していただけました。
私自身軽い近視ですので、それほど遠くが見えなくても不自由ないはずなのに・・・と考えてしまうこともありますが、術後満足度を高めるためには、やはり患者様それぞれのご希望やライフスタイルに則した目標屈折度の設定が重要だと思われます。もちろんご自分で決めかねる方はお気軽にご相談ください。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.8(1.2)

    左眼
    遠見:0.5(0.6)

  • 術後

    右眼
    遠見:1.5p(1.5)

    左眼
    遠見:1.5(n.c.)

多焦点眼内レンズ

朝霞市50代女性白 内障手術症例㉛(レーシック後・焦点深度拡張型多焦点レンズ:シンフォニー)

レーシック後の片眼の白内障で、多焦点レンズによる白内障手術をご希望にて初診された方です。
レーシックでは角膜が切除されているため、通常の眼内レンズ度数計算式では屈折誤差が生じてしまいます。そこでアメリカの屈折矯正手術学会が推奨する特別な計算式のほか、白内障手術体験談⑭の方と同様に、wave-front(波面収差)アナライザーであるOPD-ScanⅢ®による平均角膜屈折度を使用し、Camellin-Calossi式によりレンズ度数を決定しました。目標屈折度に関してはご本人と相談の上ごシンフォニーをやや近方優位に設定させていただきました。
本症例の方はレーシック術前のデータも持参されていたため、より高い精度で目標どおりの屈折度を得ることができ、遠近とも裸眼で1.0以上の良好な視力に大変満足していただけました。最近ではレーシック術前のデータを使用しない計算式も複数開発されておりますが、個人的な使用経験としては、やはり術前データを使用した計算式の方がより正確なレンズ度数が選択できています。
より満足度の高い結果を得るためにも、レーシック手術をされている方は術前のデータの入手、無理な方は以前使用していた眼鏡やコンタクトレンズの情報だけでも記録しておくことをお勧めします。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.9(1.5)

    左眼
    遠見:0.4(0.4)

  • 術後

    右眼
    手術なし

    左眼
    遠見:1.0(1.5)
    近見:1.2(1.2)

多焦点眼内レンズ

横浜市60代男性 白内障手術症例㉚(ブレンドビジョン:焦点深度拡張型多焦点レンズ:シンフォニー)

大学病院で多焦点レンズによる右眼の白内障手術を施行され、今度は左眼の手術を希望にて紹介初診された方です。右眼は昨年2焦点型多焦点レンズであるテクニスマルチの+4D加入(近方約30cm用)を使用して手術されていました。裸眼にて遠方1.5・近方1.0と非常に良好な視力で、特に手元がよく見えると満足されていましたが、1m程度の中間距離が少しぼやけるとのことでした。また写真をされるとのことでしたので、異なるタイプの多焦点レンズとなりますが、左眼はコントラスト感度の低下が少なく、中間~遠方がよく見えるシンフォニーをご提案させていただきました。シンフォニーは、右眼のテクニスマルチと同じプラットフォームの回折型多焦点レンズでありますが、2焦点ではなく焦点深度拡張型となります。
両者の特徴を簡単に説明すると、「2焦点型は手元の視力は良好だが中間距離が弱く、コントラスト感度が低下しやすい」、「焦点深度拡張型は手元の視力は弱いが中間から遠方は良好で、ハログレアも少なくコントラスト感度の低下も少ない」となります。このように左右で異なるタイプの多焦点レンズを使用することで、それぞれのレンズの弱い点を補う方法はブレンド・ビジョンと呼ばれ、近年学会でも使用報告が増えています。
上記の特徴を説明させていただいたところ、患者様も左眼はシンフォニーの使用をご希望され手術は問題なく終了し、術後裸眼視力は遠方1.2・近方0.9と良好な視力に大変満足していただけました。また、術後に感覚的に左右どちらの見え方が良いか?とうかがってみたところ、シンフォニーの左眼の方がはっきり見えると言われていました。今回はシンフォニーと+4D加入の2焦点型とのブレンドビジョンでしたが、他の方で+3.25D加入(近方約40cm用)との比較でも、やはりシンフォニーの方がよく見えると言われていました。こちらはやはりシンフォニーは光エネルギーロスが8%と少なく(テクニスマルチは18%)、コントラスト感度が良いためと思われます。
現代医療では遠方から近方まで全てが見えるレンズは存在しませんが、それぞれの多焦点レンズの特性を活用して、患者様のご希望に近づけるようレンズ選択の提案をさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

  • 術前

    右眼(他院で手術済)
    遠見:1.5(n.c.)
    近見:1.0(1.2)

    左眼
    遠見:0.5(0.8)
    近見:0.9(n.c.)

  • 術後

    右眼(他院で手術済)
    遠見:1.5(n.c.)
    近見:1.0(1.2)

    左眼
    遠見:1.2(2.0)
    近見:0.9(1.2)

多焦点眼内レンズ

中央区50代男性 白内障体験談㉙(強度近視・焦点深度拡張型多焦点レンズ:ミニウェル・レディ)

硝子体手術後の核白内障進行による視力障害にて初診された方です。もともと両眼とも強度近視であり、都内の有名眼科医院にて、両眼の黄斑上膜と左眼の網膜剥離の硝子体手術をされており、そこでも白内障の手術を勧められていたとのことですが、ミニウェルによる手術を希望にて来院されました。
左眼は術後の軽度黄斑網膜萎縮がありましたが、右眼は黄斑部異常も認めず、より進行した白内障で視力障害の訴えも強かったので、まずは右眼のみの手術を予定させていただきました。
事前に多焦点レンズについてご自分でかなり勉強されており、見え方の質に対するこだわりも強い印象でしたので、ハログレアもほとんどないミニウェルは適していると判断し、お仕事であるパソコンなどのデスクワークを優先されたいとのことで、ターゲットをやや近見優位に設定させていただきました。
硝子体手術後=無硝子体眼であるため、通常の白内障手術よりもリスクが伴う可能性がありましたが手術は問題なく終了し、術後は裸眼で遠方1.2、近方1.5と遠近とも良好な視力に満足していただき、なかでも予想以上に近方がよく見えることに大変喜んでいただけました。
ミニウェルの近方加入度数の公表値は+3.0Dとのことですが、近方視力が弱いとの報告を多く見かけ、この方もそのことを心配されておりました。しかし当院では、術前の屈折度や使用コンタクトレンズ上の屈折度を参考にして、術後の目標屈折度を設定することにより、近方視力の不満例は現在のところ認めておりませんので、検討されている方はお気軽にご相談ください。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.03(0.7)

    左眼
    遠見:0.05(0.9)

  • 術後

    右眼
    遠見:1.2(1.5)
    近見:1.5(n.c.)

    左眼
    手術なし

多焦点眼内レンズ

国分寺市70代男性 白内障手術症例㉘(多焦点レンズ:トーリック乱視用アクティブフォーカス)

当院で多焦点レンズでの白内障手術を受けられた方(白内障手術体験談㉑)のお知り合いとのことで、手術希望にて他院眼科クリニックより紹介初診の方です。片眼性の進行した白内障で5年ほど前から運転時の支障を感じていたとのことです。術前の聞き取りでは、先進医療保険利用希望であり、必要時の老眼鏡の使用は構わないが、運転時を含めた遠方は眼鏡なしでしっかり見たいとのことでしたので、ハログレアが少ないアクティブフォーカスを勧めさせていただきました。
両眼とも、乱視用のレンズを利用するかどうかの軽度角膜乱視があり、まず非優位眼の左眼を乱視なしレンズで手術し、術後乱視が気になるようであれば、優位眼の右眼は乱視用レンズを使用しましょうと説明させていただき、ご納得いただきました。
手術は問題なく終了し、術後左眼裸眼視力は遠方1.2、近方0.7と良好でしたが、右眼はせっかくなら最良のレンズをとのご本人の希望もあり、乱視用レンズを使用しました。結果として術後右眼裸眼視力は遠方1.5、近方0.9と、左眼よりも遠方よりに目標屈折度を設定したにもかかわらず、近方視力も左眼を上回る良好な視力に大変満足していただけました。乱視矯正は遠方のみならず近方視力改善にも有効だと確認できた症例となりました。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.4(1.2)

    左眼
    遠見:0.2p(0.4)

  • 術後

    右眼
    遠見:1.5(n.c.)
    近見:0.9(1.0)

    左眼
    遠見:1.2(1.5)
    近見:0.7p(1.0)

多焦点眼内レンズ

練馬区70代女性 白内障手術症例㉗(焦点深度拡張型多焦点レンズ:シンフォニー)

多焦点眼内レンズの相談にて総合病院眼科より紹介の方です。眼軸長にそれほど左右差はありませんでしたが、右眼のみ-6.0Dを超える強度近視となっており、grade3程度の核白内障進行による近視化をきたしておりました。加えて糖尿病性と思われる後嚢下白内障により矯正視力も0.1以下に低下していましたが、糖尿病の血糖コントロールは良好であり網膜症も認めないため、多焦点レンズ適応有りと判断させていただきました。
もともと両眼とも軽度近視であり、運転やスポーツの機会もなく、読書やミシンがけといった30cm程度や、料理などの50cm程度とテレビが見えることをご希望されましたので、近中距離から遠方まで連続的にスムーズに見える焦点深度拡張型のシンフォニーを近方優位で度数設定させていただきました。
結果として、両眼での近見視力は1.2と裁縫での針通しも眼鏡なしで行え、遠方視力も1.0と運転免許も眼鏡なしで更新できる視力に大変満足していただけました。
多焦点レンズといえども、30cmから遠方まで全てがよく見える眼内レンズは現在のところ存在しません。当院では術前の手術説明でその点をご理解いただいた上で、術後必要時にもし眼鏡使用する場合、遠方・近方どちらなら許容できるか確認し、度数設定の参考にさせていただいております。もちろんマイクロモノビジョンなどに設定することで、眼鏡なしで過ごせることを目標にしておりますが、術後の不満足例を生じさせないためには、患者様の優先度や手術に求める結果をしっかり把握しておくことが重要だと考えます。「科学的根拠に基づく医療」であるEvidence-Based Medicine(EBM)はもちろん大前提ですが、個々の希望が多様化している現代では、同時に「個々の患者にふさわしい医療」であるPatient-Based Medicineを提供できるよう心がけ診療させていただきます。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.05(0.07)

    左眼
    遠見:0.3(0.5p)

  • 術後

    右眼
    遠見:0.9(1.5)
    近見:1.2p(1.2)

    左眼
    遠見:1.0(1.5)
    近見:1.0(1.2p)

単焦点眼内レンズ

中野区90代女性 白内障手術症例㉖(単焦点レンズ)

数年前から見えにくいとのことで他院で白内障を指摘され、娘さんに付き添われ手術目的にて初診された方です。虹彩萎縮と散瞳不良がありましたが、核硬度はgrade3程度であり、90歳を超える年齢を考えると年相応の白内障でした。
ご高齢ですので眼鏡なしでも身の周りが分かるように、通常よりやや近方優位で度数設定させていただきましたが、せっかく手術を受ける決心をされたので術前よりは遠方裸眼視力が改善するように、軽度モノビジョンにさせていただきました。
術後視力は優位眼:0.8(1.2)、非優位眼:0.5(1.2p)で-1.0Dをわずかに超える度数となり、テレビ・新聞は眼鏡なしでよく見えると大変満足していただけました。
娘さんに勧められての手術希望受診でしたが、ご本人は高齢であることを心配されて、なかなか手術を受けると決心されるまでに時間がかかったようです。もちろん白内障が過度に進行してしまう前に、全身状態の良いうちに手術を受ける方が安全ですが、以前よりは短時間で安全に手術を行えるようになっております。白内障を我慢して手術を先送りにするほど、いざ手術を受けるときのリスクは増しますので、手術をご検討されている方は、ご高齢だからと我慢されずにまずは早めの診察をお勧めします。

  • 術前

    右眼:0.3(0.5)

    左眼:0.5(0.6)

  • 術後

    右眼:0.5(1.2p)

    左眼:0.8(1.2)