診療内容

白内障手術体験談

実際に白内障手術を受けた患者様の体験談です。
白内障手術をご検討中の方は手術の情報収集にお役立てください。

患者さまの声 杉並区ドクターズ

単焦点眼内レンズ

杉並区60代男性 白内障手術体験談㉕(緑内障発作後:単焦点レンズ・モノビジョン)

右眼の一時的な重い感じと充血・霧視を繰り返すとのことで初診された方で、眼圧が50mmHgと高値(正常は21mmHg以下)で緑内障発作を起こしておりました。当日中に眼圧下降薬の点滴とレーザー虹彩切開術を施行し発作を解除し眼圧を下降させることができましたが、以降も水晶体の前方偏位による浅前房・狭隅角が進行したため、緑内障治療もかねての白内障手術となりました。
眼軸長は平均的でしたが、チン小帯脆弱により水晶体が前方(角膜より)に偏位することで、-2.5D程度の近視化をきたしている一方で、僚眼である左眼は既に他院にて白内障手術を施行されておりほぼ正視(0D)であり、左眼で遠方・右眼で近方を見ること、つまりモノビジョンに慣れておられました。そこで患者様と相談し、右眼は現状の近視を残すレンズ選択をさせていただきました。
白内障の核硬度はそれほどでもありませんでしたが、術中予想通りチン小帯がとても弱く断裂のリスクもあり、術後の眼内レンズ偏位予防のためにもCTR(カプセルテンションリング)を使用することで無事手術を終えることができました。術後もこれまでのとおりスムーズにモノビジョンに適応され、眼鏡なしで遠近とも見ることができると満足していただきました。
理想としては緑内障発作が起きてしまう前に手術される方がリスクは少ないので、特に短眼軸眼(老眼の強い眼)で白内障による視力障害がある方は早めの手術をお勧めします。

  • 術前

    0.3(1.2)

    1.5(n.c)→他院

  • 術後

    0.2(1.5)


    手術なし

多焦点眼内レンズ

武蔵野市40代男性 白内障手術体験談㉔(焦点深度拡張型多焦点レンズ:ミニウェル・レディ)

片眼の進行した核白内障による視力障害にて初診された方です。雑誌編集のお仕事をされており、趣味でダイビングやカメラをされるとのことで、先進医療対応にこだわらず、見え方の質を最優先した多焦点レンズを用いた手術をご希望されました。そのためミニウェル・レディや3焦点のアクリバ・トリノバをお勧めさせていただきました。両者の違いとしては、ハログレアはミニウェルの方が少なく、近方視力はトリノバの方が良好であり、ご相談の結果ミニウェルを選択されましたので、お仕事に支障がないようにミニウェルをわずかに近方優位に合わせることで同意いただきました。
この方は眼軸長が32mm(日本人の平均は24mm弱です)を超え、屈折値も-15Dを超える最強度近であり、術後屈折誤差(眼内レンズ度数ズレ)の生じる可能性が非常に高い症例でした。また経験上、強度近視=長眼軸眼の方は他覚屈折度(機械で測定した屈折度)と自覚屈折度(自覚的に最も見える眼鏡度数)に乖離があるため、計算どおりの結果になっても自覚的な視力がいまひとつのことがあります。そこで今回は最新の度数計算式のほかに、AI(人工知能)を用いたものと、大学病院や当院での30mm以上の長眼軸眼症例から作成した、自覚屈折度を優先したオリジナルの回帰式を用いてレンズ度数を決定し、結果として裸眼遠方1.2、近方も1.2と非常に良好な視力に大変満足いただきました。その他の計算式の結果で度数選択していたら遠視化をきたし近見視力が不良になってしまい、お仕事にも支障をきたしてしまうところでした。
長眼軸眼=強度近視の手術はチン小帯脆弱などの手術自体のリスクのほかにも、屈折誤差のリスクも非常に高く、術者としては手術がうまく終わっただけでは安心できない難しい症例となります。当院では多焦点・単焦点レンズに限らず、複数回にわたる検査結果と実績・経験に基づき、患者様のライフスタイルに則した適切な度数をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

  • 術前

    左眼
    遠見:0.03(0.7)

  • 術後

    左眼
    遠見:1.2(1.5)
    近見:1.2(n.c.)

多焦点眼内レンズ

小金井市50代男性 白内障手術体験談㉓ (3焦点+焦点深度拡張型多焦点レンズ:アクリバ トリノバ)

皮質白内障による見えにくさと遠視と老眼による不自由を主訴に、多焦点レンズでの白内障手術希望にて初診された方です。著名なプロダクトデザイナーであり、先進医療適応にこだわらず見え方の質(Quality of Vision:QOV)をまず第1にレンズ選択を行いたいとのことでしたので、当初はミニウェル・レディをお勧めしておりました。しかし、デスクワークや読書時間が多いとのことであり、近見読書視力も重視されたいとのことで、ご本人より最新の3焦点レンズであるアクリバ トリノバをご提案いただきました。オランダより輸入しての手術となりますので国内使用症例もまだ少ないレンズですが、ミニウェルよりも近見に強く、これまでの3焦点にはなかった焦点深度拡張機能もプラスされいます。加えて構造の工夫によりハロ・グレアも大幅に改善されているようで、ミニウェルよりも患者様の希望にマッチすると判断し、トリノバのご提案を採用させていただいての手術となりました。
結果として術翌日より遠近とも視力の立ち上がりもよく、裸眼にて両眼とも遠方視力1.5、近方視力1.0と非常に良好な視力を得ることできました。術後10日程度でフルマラソンを走られたとのことでヒヤヒヤしましたが、感染などの合併症もなく、仕事や趣味でのパフォーマンスが上がったと大変満足していただけました。患者様によるとグレアはほとんどなく、夜間のみわずかにハロを感じるようですが支障をきたす程度のものではないとのことです。3焦点ですが焦点深度拡張機能も追加されているため、焦点間の見え方の落ち込みもなくスムーズであり、他の3焦点レンズよりも良好なQOVをもたらすことができる印象です。
ご本人様より、ぜひ自分のようなトリノバでの白内障手術を検討されている方々の情報収集に役立ちたいと、長文の体験談(手記)をご提供いただきましたので、下記リンクより術中の様子や術後の見え方などの参考にしてください(Word文書が開きます)。

https://morohoshi-ganka.com/トリノバ

 

  • 術前

    右眼
    遠見:0.7(1.2)
    近見:0.15(1.0)

    左眼
    遠見:0.7(1.2)
    近見:0.15(1.0)

  • 術後

    右眼
    遠見:1.5(n.c.)
    近見:1.0(n.c.)

    左眼
    遠見:1.5(n.c.)
    近見:1.0(n.c.)

単焦点眼内レンズ

群馬県前橋市50代女性 白内障手術体験談㉒(最強度近視:単焦点レンズ・モノビジョン)

外傷後クモ膜下出血後より両眼の視力低下が急速に進行したとのことで当院初診されました。群馬県前橋市と遠方からの来院でしたが、当院で手術を受けた方からのご紹介で白内障のセカンドオピニオン目的とのことでした。
-20Dを超える最強度近視の方であり、核白内障はグレード4とかなり進行しておりましたが、黄斑部に明らかな異常は認めず白内障手術による視力改善が期待できるため、手術加療をお勧めさせていただきました。
ご職業は作家さんであり日常生活でデスクワークを優先され、強度近視性の視神経障害も疑われたため、近方に焦点を合わせた単焦点での手術をお勧めさせていただきました。しかしながら多焦点レンズも捨てがたいようでしたので、もともとの左右差を活かして軽度モノビジョンをご提案させていただきました。
強度近視のほかに外傷による白内障進行の可能性もあり、チン氏帯脆弱のリスクもありましたが手術は特に問題ありませんでした。術後も単焦点ながら多焦点レンズのように遠近とも見えることに大変満足していただきました。術中はところどころ若干疼痛の訴えがありましたが、こちらは虹彩(茶目の部分)動揺による毛様痛(暗いところから急に明るいところに出たときのような重い痛み)と思われます。強度近視の方は通常の方より眼軸が長いぶん、虹彩の動きによる痛みを感じやすい構造になっておりますので、当院では極力眼球に負担をかけないよう低灌流量・低眼圧にて手術を行っておりますが、痛みの感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
術後遠方裸眼視力は右0.5p、左1.0pとかなり差があるように見えますが、実際の屈折度の差は1.0Dのみですので、クラクラするようなこともありませんし眼鏡装用も十分可能な左右差です。近方も裸眼で右1.2p、左0.9と良好で現在は眼鏡なしで生活されているとのことです。モノビジョンは誰もが適応できるわけではありませんが、患者様の特性に合わせて適応を判断することで、メリットをもたらすことができますので、お気軽にご相談ください。

  • 術前


    遠見:0.01(0.2)


    遠見:0.05(0.3)

  • 術後


    遠見:0.5p(1.5)
    近見:1.2p(n.c.)


    遠見:1.0p(1.5)
    近見:0.9(n.c.)

多焦点眼内レンズ

国分寺市70代女性 白内障手術体験談㉑(緑内障レーザー治療後・焦点深度拡張型多焦点レンズ:シンフォニー)

狭隅角による緑内障発作予防のため他院にてレーザー虹彩切開術を受けたのち、多焦点レンズでの白内障手術を相談したところ当院を紹介されたとのことです。紹介医は以前当院で多焦点レンズの手術を受けた私の先輩ドクターであり、私以上に手術によるメリットを身をもって理解されている方からの紹介となりますので、あらためて多焦点レンズの有用性を再確認できました。
患者様は典型的な短眼軸による強度遠視(強い老眼)を呈しており、レーザー治療後でも浅前房のままでチン氏帯脆弱が予想されましたが、角膜高次収差もなく多焦点適応ありと判断させていただきました。
実際にはチン氏帯はそれほど弱くなく手術中も問題なく、結果として遠方も近方も裸眼で1.2見えるようになり大変喜んでいただけました。
近視の方は適切な距離まで近づけば見えるようになりますが、遠視の方は眼鏡がないとどこにもピントが合いませんので、遠近とも常に眼鏡が手放せないことになります。白内障手術ではその遠視を同時に治すことができますので、強い遠視眼で白内障がある方は、単焦点・多焦点に限らず早めに手術されることをお勧めします。お気軽にご相談ください。

  • 術前


    遠方:0.2(0.4)


    遠方:0.2(1.5)

  • 術後


    遠方:0.9(1.2)
    近方:1.2(1.2)


    遠方:1.2(1.2)
    近方:1.0(1.0)

多焦点眼内レンズ

青梅市50代女性 白内障手術体験談⑳(多焦点レンズ:アクティブフォーカス)

近見視力不良と疲れ目、夜間運転時のまぶしさにて多焦点レンズでの白内障手術相談にて初診された方です。お仕事で手元の書類を見ながらパソコン入力をされるため30~40cmがよく見えることをご希望され、また、夜間に運転する機会も高頻度にあるとのことでした。私も青梅市付近で生活していたこともあり、運転の必要性もよく分かりましたので、ハロ・グレアの少ないレンズを選択する必要があると考え、アクティブフォーカスをお勧めさせていただきました。
アクティブフォーカスの加入度数は約+2.0Dですので、遠方にあわせると理論的には近見焦点距離は50cm(1/2m)になってしまいます。そこで、ご希望の30cmが見えるように(+3.0Dになるように)非優位眼の目標屈折度を-1.0D、優位眼を-0.25~-0.5Dとしてマイクロモノビジョンにて手術させていただきました。結果として術後屈折誤差もなく目標通りの屈折値となり、パソコン入力時から夜間運転まで非常に快適だと大変喜んでいただけました。
この方は近見視力確保のため、非優位眼の屈折値を-1.0Dと設定したことにより遠方視力は0.6程度にとどまりましたが、優位眼の視力は1.2であるため遠方両眼視での見え方は良好であり、左右差も全く気になっておられませんでした。通常0.75D程度の左右差は気になるものではありませんが、他院での術後の方で1.0Dの左右差がとても気になりレンズ入れ替え相談に来られた方もおられましたので、こちらは個人差があると思われます。
よく患者様には-0.5Dにあわせると1.2見えますか?などと聞かれることがありますが、術前の屈折の状態やその他の条件が関係していると思われますので、こればかりは手術してみないと分かりません。ご相談いただければ、術前の検査結果から理論と経験に基づいてアドバイスをさせていただきますので、お気軽にご来院ください。

  • 術前


    遠方:0.4(0.8)


    遠方:0.4(0.6)

  • 術後


    遠方:1.5(1.5)
    近方:0.7p(1.0)


    遠方:0.6(1.5)
    近方:1.0p(1.0)

多焦点眼内レンズ

杉並区60代女性 白内障手術体験談⑲(多焦点レンズ:アクティブフォーカス)

1年ほど前から夜間対向車のヘッドライトが眩しく街灯がにじむほか、近くが見えず焦点が合わないとのことで、多焦点眼内レンズでの白内障手術相談にて初診された方です。医療関係者であり血圧計などの表示も眼鏡なしで見えることを希望され、夜間の運転機会もあるとのことでしたので、シンフォニーによりも近見加入度数が強く、ハログレアの少ないアクティブフォーカスを勧めさせていただきました。
白内障自体は皮質混濁が主であり核硬度はそれほどでもありませんでしたが、遠視化をきたしており年齢的にも調節力はほぼなくなってしまっていることより、RLE(Refractive Lens Exchange)として白内障手術によるメリットがあると判断させていただきました。RLEとは、屈折矯正つまり主に裸眼視力の改善と老眼治療を目的とした白内障手術のことです。
裸眼で運転でき、かつ近見もある程度確保したいとのことで、-0.5程度を目標屈折度として手術を行いましたが、両眼とも片眼裸眼で遠方1.5・近方1.0と非常に良好な視力を得ることができました。夜間運転時のハログレアも気になっておられず眼鏡なしの生活に喜んでいただけました。
アクティブフォーカスは先進医療認定された多焦点レンズでは現時点で最新のものとなります。厳密に言うと焦点深度拡張型ではなく2焦点型になりますが、従来のものより中間距離の見え方を損なわずハログレアの出にくい工夫がなされています。加入度数はレンズ面で2.5D(角膜面では約2.0D)となり、シンフォニーの2.0D(角膜面では約1.5D)よりも0.5Dだけ近見優位となっております。参考までに海外の報告から作成した両眼視力曲線がこちらになります。
患者様の感想に基づいた実際の使用経験としては、近見視力に関してはアクティブフォーカスは数値どおりでやや弱くシンフォニーは数値以上、中間~遠方視力に関してはどちらも同等ですが夜間のハログレアの訴えはアクティブフォーカスの方が少ないという印象です。
多焦点レンズの調節力は未だ正常水晶体には遠く及びませんが、今後眼内レンズの進歩によりRLEの比率が増えることは確実と思われます。現時点ではパーフェクトな多焦点レンズは存在しませんので、術前にためらわずにご自分の希望をお伝えいただければ、メリット・デメリットを含め最適と思われるレンズ・度数を提案させていただきますのでお気軽にご相談ください。

  • 術前


    遠方:0.5(1.5)


    遠方:1.0(1.5)

  • 術後


    遠方:1.5(1.5)
    近方:1.0(1.0)


    遠方:1.5(1.5)
    近方:1.0(1.0)

多焦点眼内レンズ

兵庫県芦屋市50代女性 白内障手術体験談⑱(焦点深度拡張型多焦点レンズ:シンフォニー)

皮質白内障の進行により仕事に支障をきたすため、多焦点眼内レンズでの白内障手術をご希望され遠方よりお越しいただいた方です。音楽家とのことであり楽譜・生徒・客席を見えることを希望されており、先進医療保険に加入されていたので、近方から遠方まで連続的に見える焦点深度拡張型のシンフォニーを選択させていただきました。
裸眼で遠方1.5見えるようなレンズ度数選択もできますが、それでは近見がおろそかになってしまいますし、もともと軽度近視であったため、目標屈折度を-0.5~-0.75D(焦点距離2~1.3m)程度に設定することで納得していただきました。
両眼とも虹彩萎縮による散瞳不良眼でしたが、水晶体の核硬度はそれほどでもなく問題なく手術を終えることができました。
まず白内障の進行している左眼からの手術を行い、術後の見え方をご確認いただいたのちに右眼の目標屈折度決定を行いました。結果として裸眼片眼視力で遠方1.0、近方0.9と遠中近ともスムーズな両眼視に大変ご満足いただけました。
この方のように遠方よりお越しいただく方の場合は、当院よりタクシーで10分ほどの吉祥寺のホテルをご紹介させていただいております。ご希望の方はお気軽にご相談ください。

  • 術前


    遠方:0.15(1.0)


    遠方:0.1 (0.3)

  • 術後


    遠方:1.0(1.2)
    近方:0.9(1.0)


    遠方:1.0(1.5)
    近方:0.9(1.0)

多焦点眼内レンズ

東村山市50代男性 白内障手術体験談⑰(焦点深度拡張型多焦点レンズ:ミニウェルレディ・強度近視)

焦点深度拡張型の多焦点レンズを用いた白内障手術希望にて初診された強度近視の方です。他院にてすでに緑内障の点眼治療中でもあり、右眼は中等度、左眼は初期の視野障害を認めておりましたので、コントラスト感度の低下するタイプのレンズは候補からはずしていただきました。また、運転やスポーツの機会もあり、見え方の質に対するこだわりも比較的強い印象であり、先進医療保険にも非加入でしたので、単焦点レンズと同様にほぼハログレアのないミニウェル・レディ(MINIWELL READY)をお勧めさせていただきました。非優位眼である左眼を-0.75D程度のマイクロモノビジョンを目標とし、術後屈折誤差もなく、結果として遠方1.5、近方1.0と非常に良好な視力に満足していただけました。
ミニウェル・レディはイタリアSIFI社より輸入しての使用となりますので、レンズ度数決定後注文してから届くまで1ヶ月ほど時間がかかります。この方は強度近視であり術後屈折誤差のリスクもあったため、右眼の術後屈折度・視力が安定してから左眼のレンズ度数決定・注文を行いました。そのため右眼の手術と左眼の手術の間隔が1ヶ月ほどあきましたが、ソフトコンタクトレンズも使用されていましたので不同視による不都合もなく生活されていました。
当院では、多焦点レンズでの両眼手術の場合は、少なくとも1週間以上の間隔をあけて手術を行っております。まず片眼術後に遠近の見え方をヒアリングし、その満足度に合わせてもう片眼の目標屈折度を決定することで、術後満足度向上を図るためです。もちろん術前にご希望の焦点距離をうかがいレンズ選択をしておりますが、手術してみると患者様もまた別の希望や不都合に気づかれることも多々あります。そのため、まず片眼術後の実際の見え方を体験していただいたのち、その見え方を比較対象としていただいた方が、患者様もより具体的にご自分のご希望を伝えることができると感じます。若干の左右差をつけることに抵抗のある方もおられますが、術前でも左右とも全く同じ度数の眼の方はほとんどおられませんし、特別な場合を除き、言われないと気づかない程度の差ですのでご安心ください。

  • 術前


    遠方:0.08p(0.6)


    遠方:0.2(1.5p)

  • 術後


    遠方:1.5(1.5)
    近方:1.0(1.0)


    遠方:1.5(1.5)
    近方:1.0(1.0)

単焦点眼内レンズ

杉並区60代女性 白内障手術体験談⑯ (単焦点レンズ・強度近視)

強度近視による核白内障と皮質混濁の方で、-10Dを超える最強度近視のハードコンタクトレンズ(HCL)ユーザーの症例です。通常、強い近視の方で単焦点レンズをご希望の場合は、眼内レンズの焦点を近方(-2~-3D=50~30cm程度)に合わせることが多いのですが、この方は近見はHCL上から老眼鏡を使用しておられ、趣味でプールに通っておられることもあり、これまでのライフスタイルに則した方が快適と考え、ご相談のうえ遠方に焦点を合わせることで納得していただきました。HCLによる角膜形状の変形がレンズ度数決定に影響を与えますので、大変だったと思いますが、術前には1週間HCL装用を中止してレンズ度数決定の検査に望んでいただきました。結果として術後屈折誤差もなく、これまで経験したことのなかった裸眼での遠方視力1.2に大変喜んでいただけました。
私が研修医だった約20年前は、特別な希望がないかぎり術後屈折度数は-1.0D(焦点距離1.0m)に合わせていた時代でしたが、現在は術後ただ見えればいいという時代から、より良い見え方の質が求められる時代に変化しています。患者様それぞれに重要視されるポイントも異なり、手術の安全性と同じくらい眼内レンズの種類・度数選択の重要性も高まってきていると思われます。「医師にお任せ」も悪くはありませんが、術前にご希望を医師にきちんと伝えておくことが、ご自身の術後満足度をより高めるためには重要だと思われます。専門家として、メリット・デメリットをご説明のうえ適切なレンズをご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

  • 術前

    右:0.03(0.6)

    左:0.02(0.3)

  • 術後

    右:1.2(1.5)

    左:1.0(1.5)