診療内容

白内障手術体験談

実際に白内障手術を受けた患者様の症例集です。
白内障手術をご検討中の方は手術の情報収集にお役立てください。

多焦点眼内レンズ

杉並区60代女性 白内障手術症例⑭ (レーシック後・焦点深度拡張型多焦点レンズ:シンフォニー)

レーシック(LASIK)後に核白内障による近視化を生じ、多焦点レンズによる白内障手術をご希望された方です。LASIK前は近視のほかに高度角膜乱視があったようですが、術後の戻りも少なく比較的きれいな角膜形状を呈していました。
角膜が削られているLASIK眼では、角膜屈折度を使用する通常の眼内レンズ度数計算式では術後屈折誤差(遠視化)を生じてしまうため、アメリカの学会が推奨する複数のLASIK眼専用の計算式を使用してレンズ度数を決定することが一般的です。それでもやはり目標どおりにいかない症例もありますので、当院では上記計算式のほかに、wave-front(波面収差)アナライザーであるOPD-Scanによる角膜形状解析結果を参考に度数決定をしています。
測定機器の進歩により、眼内レンズ度数決定因子のひとつである眼軸長の測定精度はかなり高くなった一方で、角膜屈折度の術後屈折誤差への影響が大きくなってきたように感じます。当院で使用しているOPD-ScanⅢは角膜中央部分の3000ポイント以上の屈折度を測定することができますので、その屈折度を用いて、予測精度が高いと報告されているCamellin-Calossi式により度数計算をしています。
本症例の方はLASIKの術前データも持参されていたため、より高い精度で目標どおりの屈折度を得ることができ、近見も裸眼両眼視で1.0の視力で大変喜ばれておりました。白内障は老化により皆なる病気です。法律的なカルテの保存期間は5年になりますので、LASIKをされた方は可能なうちにLASIK前のデータを入手されていた方が良いかと思います。
LASIK眼の眼内レンズ度数計算式も日々アップデートされ精度が上がっており、最近ではAI(人工知能)を利用したものもでてきています。それでもやはり完璧なものはありませんので、複数の計算結果を参考にして度数決定を行うのが安全かと思われます。2008年のピーク時には45万件のLASIKが行われており、LASIK眼の白内障手術は確実に増加する見込みですので、今後とも患者様の術後満足度を高めるために最新の知見を取り入れつつ診療にあたって行きたいと思います。

  • 術前

    右目
    遠方:0.6(1.2)

    左目
    遠方:0.4(0.7)

  • 術後

    右目
    遠方:1.2(1.5)
    近方:0.7(1.0)

    左目
    遠方:1.2(1.5)
    近方:0.7(1.0)

多焦点眼内レンズ

新宿区60代男性 白内障手術症例⑬(焦点深度拡張型多焦点レンズ:シンフォニー)

水晶体皮質混濁がメインの白内障で、霧視や羞明の訴えが強かった方です。先進医療保険に加入しており、初診時より多焦点レンズでの白内障手術を希望されていました。角膜高次収差(不正乱視:白内障手術では治せない乱視)もほとんどなく、眼底病変もないため多焦点適応ありと説明させていただきました。ゴルフや登山などのスポーツをされるとのことで、遠方視力を重要視されていましたので、焦点深度拡張型をお勧めし手術させてたいただきました。結果として遠見はもちろんですが、近見も裸眼両眼視で1.0と良好な視力を得ることができ非常に満足していただき早速ゴルフを楽しまれていました。

  • 術前

    右目
    0.3(0.6)

    左目
    0.2(0.4)

  • 術後

    右目
    遠見:1.2(1.5)
    近見:0.9(1.0)

    左目
    遠見:1.2(1.5)
    近見:0.9(1.0)

単焦点眼内レンズ

杉並区60代女性 白内障手術症例⑫(後嚢下白内障:単焦点レンズ)

核硬度はグレード1程度の硬くない後嚢下白内障の方で、それほど超音波を使用せず無事手術を行うことができました。水晶体の後ろ側(後嚢)の真ん中が濁る後嚢下白内障は、通常、糖尿病やステロイド剤使用中の方に多く、進行が早くかすみなどの症状もとても強い白内障です。この方は60代前半と白内障手術されるには比較的若い方でしたが、既に水晶体の調節力も失っているため、手術により単焦点の眼内レンズにすることによるデメリットはほとんどない旨を説明させていただきました。また、もともと遠視であり老眼鏡を使用されていたこともあり、眼鏡なしで遠くが見えるようになるだけでも満足度が高いことが予測されたため、ご本人の希望とライフスタイルを考慮して、遠くにピントを合わせた単焦点レンズにて同意いただき、結果として大変ご満足いただきました。調節力がなくなった=老眼の進みきった方は、いわゆる単焦点の濁った水晶体になっているということですので、度数の合ったきれいな単焦点の眼内レンズにしてあげることでのデメリットはないと思われます。我慢せずに早めに手術される方が、手術自体の侵襲も少なくなり合併症の可能性も低くなりますので、まだ早いかなと迷われている方(特に遠視の強い方)は、まずはお気軽にご相談ください。

  • 術前

    右:0.4(0.5)

    左:0.2(0.5)

  • 術後

    右:1.2(1.5)

    左:1.2(1.5)

単焦点眼内レンズ

杉並区60代男性 白内障手術症例⑪(単焦点レンズ+緑内障手術)

強度近視と緑内障にて、他院より処方された緑内障点眼を2剤ご使用されている方でした。白内障手術目的にて当院初診され、眼圧は10mmHg台前半にコントロールされておりましたが、既に視野障害も中等度に進行しておりましたので、負担が少ない緑内障同時手術をご提案させていただきました。ご相談のうえ眼内レンズは右眼遠方優位のマイクロモノビジョンにて手術し、術後半年になりますが緑内障点眼を使用せずに眼圧7~9mmHgに安定し経過良好です。眼圧と視野障害の経過により今後緑内障点眼再開の可能性はありますが、視力改善に加え毎日の緑内障点眼から開放され患者様にも満足していただけました。手術適応は限られますが、患者様への負担の少ないMIGS(極小侵襲緑内障手術)の効果を再確認できた症例となりました。

  • 術前

    右:0.03(0.8)

    左:0.1(0.9)

  • 術後

    右:0.6(1.5p)

    左:0.2(1.5)

単焦点眼内レンズ

杉並区60代女性 白内障手術症例⑩(強度近視:単焦点レンズ)

核白内障はグレード2程度と中等度でしたが、-10Dを超える強度近視の方であり、白内障手術による屈折矯正効果も期待されて手術を迷われている方でした。視力障害をきたすほどではないですが、片眼には初期の近視性牽引黄斑症を認めていたため、当初より多焦点レンズは選択肢から外していただき、単焦点レンズでの手術をお勧めさせていただきました。強度近視の方で満足度が高いと報告されている-2.0D程度を目標度数としてマイクロモノビジョンにて手術を行いましたが、結果的に免許更新可能な視力である0.7を裸眼でクリアし、近見も眼鏡なしで1.2となりました。経験上、白内障手術により強度近視から解放された方は、同じ屈折度でも近視のなかった方より裸眼遠方視力が良い方が多い点は、非常に興味深いところです。

  • 術前

    右:0.09(1.0)

    左:0.1p(0.9p)

  • 術後

    右:0.7(1.5)

    左:0.7p(1.5)

多焦点眼内レンズ

杉並区50代男性 白内障手術症例⑨(焦点深度拡張型多焦点レンズ:シンフォニー)

白内障手術を受ける方の中では比較的お若い方ですが、両眼とも強度近視による核白内障が非常に進行し核硬度グレード4を超えていた症例です。
先進医療保険加入とのことであり当初より多焦点レンズをご希望されておりましたが、夜間運転やスポーツもされ、軽度緑内障性視神経萎縮もあるため、ハロ・グレアが少なく、従来の2焦点型のような18%の光量の減衰がない、焦点深度拡張型(先進医療適応)の多焦点レンズ(シンフォニー)をお勧めさせていただきました。
加入度数は+1.5Dであるため理論的には1/1.5メートル=約65センチより遠方がずっと見えるということになりますので、多焦点とはいえ一般的な読書距離である30センチを見るには軽い老眼鏡が必要になります。そこで患者様とご相談させていただき、遠方をやや犠牲にすることで(目標屈折度-0.50~-0.75D)、仕事で頻用されるパソコンも眼鏡なしで見える度数をご提案させていただきました。
長眼軸眼であり屈折誤差の発生リスクも考慮し、複数の眼内レンズ計算式を用いて度数決定した結果、左右とも裸眼で遠方1.5、近方1.0と目標以上の結果を得ることができました。
従来の2焦点型の回折型多焦点レンズと比べ術後すぐにスッキリと視力がでて、不確定要素である「慣れ」がほとんど必要ないこともメリットであると感じました。軽度乱視矯正効果もありますので、今後さらに適応者が増えるのではと思われます。

  • 術前

    右目
    遠方:0.02(0.3)

    左目
    遠方:0.07(0.3)

  • 術後

    右目
    遠方:1.5(1.5)
    近方:1.0(1.2)

    左目
    遠方:1.5(1.5)
    近方:1.0(1.0)

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ 術後インタビュー

杉並区ドクターズの取材を受けました。実際に白内障手術を受けられた患者様のインタビュー動画も掲載されておりますのでご参考ください。

https://suginami-doctors.com/clinicList/49583/review6"

  • 術前
  • 術後
単焦点眼内レンズ

杉並区70代男性 白内障手術症例⑧(成熟白内障:単焦点レンズ)

長年放置された成熟白内障であり眼底透見不能のため、正確な眼底評価ができませんでしたが、術前には、指数弁(かろうじて眼前の指の本数が判別できる程度)の視力が、術後は1.2と改善し大変満足していただけました。片眼のみの成熟白内障であり、外傷によるチン氏帯脆弱により眼内レンズが嚢内に入らないリスクもご理解いただいた上での手術でした。以前であれば8.0mmほど切開し嚢外摘出術(ECCE)を行っていた症例ですが、前嚢染色+超音波効率の良い最新のbalanced-tipを使用することで、角膜内皮障害などの合併症を起こすこともなく、2.4mmの切開創より予定通り手術を終えることができました。今後も積極的に新しい技術を取り入れ、患者様の負担を減らしたいと思います。

  • 術前

    右:指数弁(測定不能)

    左:0.1(0.8)

  • 術後

    右:1.2(1.5)

    左:1.2(1.5)

多焦点眼内レンズ

さいたま市70代男性 白内障手術症例⑦(多焦点レンズ:テクニスマルチレンズ交換)

他院にて7年ほど前に白内障手術(単焦点レンズ)を受けた方ですが、多焦点レンズへの入れ替え希望にて紹介受診された方です。当然手術は既存レンズの摘出と多焦点レンズの挿入となります。初回手術からかなり時間も経過しているため、通常の白内障手術以上にリスクもあり、新しいレンズが挿入できない可能性も含め、術前に十分に説明させていただきました。既存レンズと水晶体嚢の癒着剥離に慎重さが要求されるためやや時間がかかりましたが、手術は約15分ほどで無事計画通りに行うことができました。患者様は単焦点レンズと多焦点レンズの違いを身をもって経験された貴重な方となりましたが、術後も大変満足していただき、私自身改めて多焦点レンズの満足度の高さを学ぶことができた症例でした。

  • 術前

    右目
    遠方:0.1(1.2)

    左目
    遠方:0.1(1.0)

  • 術後

    右目
    遠方:1.2(1.5)
    近方:1.2(1.2)

    左目
    遠方:0.5(1.5)
    近方:0.6(0.9)

多焦点眼内レンズ

練馬区60代女性 白内障手術症例⑥(強度近視:多焦点レンズテクニスマルチ)

強度近視で長年コンタクトレンズを使用されていた方です。核白内障によりさらに近視が進行していました。パソコン作業があるとのことで近見は40cmを目標とし、複数の眼内レンズ度数式の結果を組み合わせることで、目標どおりの焦点距離を得ることができました。術後は眼鏡なしでの生活に満足しておられるとのことです。

  • 術前

    右目
    遠方:0.2(0.8)
    近方:0.2

    左目
    遠方:0.3(0.5)
    近方:0.3

  • 術後

    右目
    遠方:1.5(n.c.)
    近方:1.2(n.c.)

    左目
    遠方:1.2(1.5)
    近方:0.8(0.9)