診療内容

白内障手術体験談
単焦点眼内レンズ

杉並区70代女性 白内障手術症例㉝(単焦点レンズ:近方目標)

角膜びらんによる眼痛で初診の方でしたが、お母様が白内障でほぼ失明されたとのことで手術相談されました。短眼軸長による遠視のため強い老眼であり、近方はもちろん遠方矯正視力も低下しておりましたので、屈折矯正効果のメリットもあり手術をお勧めさせていただきました。当初は多焦点レンズをご検討されておりましたが、老眼鏡使用するとクラクラしてしまうため、近方を眼鏡なしで見たいとの希望が強く、ご相談のうえ単焦点での手術をお勧めさせていただきました。
お若い頃は目が良い(眼鏡なしで遠くがよく見える)方ですので、単焦点レンズで近方に焦点を合わせてしまうと、眼鏡なしでは遠くはむしろ現時点よりも見えにくくなってしまう旨を、何度も説明させていただきました。
同じような屈折度の方で希望どおり近方目標に設定したところ、術後やはり遠くにしておけば・・・と後悔された方を経験したことがあるため何度も確認しましたが、遠方は必要時眼鏡装用すれば現在よりも視力改善するのであれば、やはり読書距離を目標屈折度としたいとのことでした。相談の結果、読書~料理時のまな板も見えるくらいに、単焦点レンズでの近方マイクロモノビジョンで度数設定を行いました。
角膜混濁があり視認性の悪い手術でしたが問題なく終了し、術後も私の危惧に反して、近方が眼鏡なしではっきり見えることに大変満足していただけました。
もともと近視の方が遠方に合わせた、白内障手術体験談㉜と逆のパターンで、もともと遠視の方が近方に合わせた症例でしたので、手術を検討されている方のご参考になるかと体験談に追加させていただきました。ライフスタイルも多様化しており希望も人それぞれですので、ご自分の優先度を明確にされることが術後満足度につながると思われます。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.2(0.8x S+1.75D)

    左眼
    遠見:0.3(0.4x S+1.75D)

  • 術後

    右眼
    遠見:0.1(1.2x S-2.75D)

    左眼
    遠見:0.2(1.2x S-2.25D)

単焦点眼内レンズ

調布市60代女性 白内障手術症例㉜(皮質白内障:単焦点レンズ)

2年前に他院で白内障指摘され、半年前からは自覚的にも遠近とも見えにくいとのことで初診されました。両眼とも核硬度はgrade2もない程度でしたが、左眼優位の強い皮質混濁を伴っていました。皮質白内障は硬さはそれほどでもないため、超音波をそれほど使用せず白内障を取り除くことができますが、白く霞んで見える霧視や、混濁での乱反射による夜間の光がまぶしく感じるなど自覚症状が強くでるタイプの白内障です。
この方は-0.75~-1.0程度の軽度近視でしたが、運転を優先させたいとのことで遠方がばっちり見えるように希望されました。通常こういう方の焦点を遠方に合わせてしまうと、術前よりも近くの距離が見えにくくなるため、希望通りになっても術後に後悔されることがあります。そのため、上記のようなことも起こりうる点をしっかり確認させていただいたうえ、レンズ度数を選択させていただきました。
結果としてわずかに近視を残しつつ、裸眼で両眼とも1.2以上の良好な視力に大変満足していただけました。
私自身軽い近視ですので、それほど遠くが見えなくても不自由ないはずなのに・・・と考えてしまうこともありますが、術後満足度を高めるためには、やはり患者様それぞれのご希望やライフスタイルに則した目標屈折度の設定が重要だと思われます。もちろんご自分で決めかねる方はお気軽にご相談ください。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.8(1.2)

    左眼
    遠見:0.5(0.6)

  • 術後

    右眼
    遠見:1.5p(1.5)

    左眼
    遠見:1.5(n.c.)

単焦点眼内レンズ

中野区90代女性 白内障手術症例㉖(単焦点レンズ)

数年前から見えにくいとのことで他院で白内障を指摘され、娘さんに付き添われ手術目的にて初診された方です。虹彩萎縮と散瞳不良がありましたが、核硬度はgrade3程度であり、90歳を超える年齢を考えると年相応の白内障でした。
ご高齢ですので眼鏡なしでも身の周りが分かるように、通常よりやや近方優位で度数設定させていただきましたが、せっかく手術を受ける決心をされたので術前よりは遠方裸眼視力が改善するように、軽度モノビジョンにさせていただきました。
術後視力は優位眼:0.8(1.2)、非優位眼:0.5(1.2p)で-1.0Dをわずかに超える度数となり、テレビ・新聞は眼鏡なしでよく見えると大変満足していただけました。
娘さんに勧められての手術希望受診でしたが、ご本人は高齢であることを心配されて、なかなか手術を受けると決心されるまでに時間がかかったようです。もちろん白内障が過度に進行してしまう前に、全身状態の良いうちに手術を受ける方が安全ですが、以前よりは短時間で安全に手術を行えるようになっております。白内障を我慢して手術を先送りにするほど、いざ手術を受けるときのリスクは増しますので、手術をご検討されている方は、ご高齢だからと我慢されずにまずは早めの診察をお勧めします。

  • 術前

    右眼:0.3(0.5)

    左眼:0.5(0.6)

  • 術後

    右眼:0.5(1.2p)

    左眼:0.8(1.2)

単焦点眼内レンズ

杉並区60代男性 白内障手術症例㉕(緑内障発作後:単焦点レンズ・モノビジョン)

右眼の一時的な重い感じと充血・霧視を繰り返すとのことで初診された方で、眼圧が50mmHgと高値(正常は21mmHg以下)で緑内障発作を起こしておりました。当日中に眼圧下降薬の点滴とレーザー虹彩切開術を施行し発作を解除し眼圧を下降させることができましたが、以降も水晶体の前方偏位による浅前房・狭隅角が進行したため、緑内障治療もかねての白内障手術となりました。
眼軸長は平均的でしたが、チン小帯脆弱により水晶体が前方(角膜より)に偏位することで、-2.5D程度の近視化をきたしている一方で、僚眼である左眼は既に他院にて白内障手術を施行されておりほぼ正視(0D)であり、左眼で遠方・右眼で近方を見ること、つまりモノビジョンに慣れておられました。そこで患者様と相談し、右眼は現状の近視を残すレンズ選択をさせていただきました。
白内障の核硬度はそれほどでもありませんでしたが、術中予想通りチン小帯がとても弱く断裂のリスクもあり、術後の眼内レンズ偏位予防のためにもCTR(カプセルテンションリング)を使用することで無事手術を終えることができました。術後もこれまでのとおりスムーズにモノビジョンに適応され、眼鏡なしで遠近とも見ることができると満足していただきました。
理想としては緑内障発作が起きてしまう前に手術される方がリスクは少ないので、特に短眼軸眼(老眼の強い眼)で白内障による視力障害がある方は早めの手術をお勧めします。

  • 術前

    0.3(1.2)

    1.5(n.c)→他院

  • 術後

    0.2(1.5)


    手術なし

単焦点眼内レンズ

群馬県前橋市50代女性 白内障手術症例㉒(最強度近視:単焦点レンズ・モノビジョン)

外傷後クモ膜下出血後より両眼の視力低下が急速に進行したとのことで当院初診されました。群馬県前橋市と遠方からの来院でしたが、当院で手術を受けた方からのご紹介で白内障のセカンドオピニオン目的とのことでした。
-20Dを超える最強度近視の方であり、核白内障はグレード4とかなり進行しておりましたが、黄斑部に明らかな異常は認めず白内障手術による視力改善が期待できるため、手術加療をお勧めさせていただきました。
ご職業は作家さんであり日常生活でデスクワークを優先され、強度近視性の視神経障害も疑われたため、近方に焦点を合わせた単焦点での手術をお勧めさせていただきました。しかしながら多焦点レンズも捨てがたいようでしたので、もともとの左右差を活かして軽度モノビジョンをご提案させていただきました。
強度近視のほかに外傷による白内障進行の可能性もあり、チン氏帯脆弱のリスクもありましたが手術は特に問題ありませんでした。術後も単焦点ながら多焦点レンズのように遠近とも見えることに大変満足していただきました。術中はところどころ若干疼痛の訴えがありましたが、こちらは虹彩(茶目の部分)動揺による毛様痛(暗いところから急に明るいところに出たときのような重い痛み)と思われます。強度近視の方は通常の方より眼軸が長いぶん、虹彩の動きによる痛みを感じやすい構造になっておりますので、当院では極力眼球に負担をかけないよう低灌流量・低眼圧にて手術を行っておりますが、痛みの感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
術後遠方裸眼視力は右0.5p、左1.0pとかなり差があるように見えますが、実際の屈折度の差は1.0Dのみですので、クラクラするようなこともありませんし眼鏡装用も十分可能な左右差です。近方も裸眼で右1.2p、左0.9と良好で現在は眼鏡なしで生活されているとのことです。モノビジョンは誰もが適応できるわけではありませんが、患者様の特性に合わせて適応を判断することで、メリットをもたらすことができますので、お気軽にご相談ください。

  • 術前


    遠見:0.01(0.2)


    遠見:0.05(0.3)

  • 術後


    遠見:0.5p(1.5)
    近見:1.2p(n.c.)


    遠見:1.0p(1.5)
    近見:0.9(n.c.)

単焦点眼内レンズ

杉並区60代女性 白内障手術症例⑯ (単焦点レンズ・強度近視)

強度近視による核白内障と皮質混濁の方で、-10Dを超える最強度近視のハードコンタクトレンズ(HCL)ユーザーの症例です。通常、強い近視の方で単焦点レンズをご希望の場合は、眼内レンズの焦点を近方(-2~-3D=50~30cm程度)に合わせることが多いのですが、この方は近見はHCL上から老眼鏡を使用しておられ、趣味でプールに通っておられることもあり、これまでのライフスタイルに則した方が快適と考え、ご相談のうえ遠方に焦点を合わせることで納得していただきました。HCLによる角膜形状の変形がレンズ度数決定に影響を与えますので、大変だったと思いますが、術前には1週間HCL装用を中止してレンズ度数決定の検査に望んでいただきました。結果として術後屈折誤差もなく、これまで経験したことのなかった裸眼での遠方視力1.2に大変喜んでいただけました。
私が研修医だった約20年前は、特別な希望がないかぎり術後屈折度数は-1.0D(焦点距離1.0m)に合わせていた時代でしたが、現在は術後ただ見えればいいという時代から、より良い見え方の質が求められる時代に変化しています。患者様それぞれに重要視されるポイントも異なり、手術の安全性と同じくらい眼内レンズの種類・度数選択の重要性も高まってきていると思われます。「医師にお任せ」も悪くはありませんが、術前にご希望を医師にきちんと伝えておくことが、ご自身の術後満足度をより高めるためには重要だと思われます。専門家として、メリット・デメリットをご説明のうえ適切なレンズをご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

  • 術前

    右:0.03(0.6)

    左:0.02(0.3)

  • 術後

    右:1.2(1.5)

    左:1.0(1.5)

単焦点眼内レンズ

杉並区60代女性 白内障手術症例⑫(後嚢下白内障:単焦点レンズ)

核硬度はグレード1程度の硬くない後嚢下白内障の方で、それほど超音波を使用せず無事手術を行うことができました。水晶体の後ろ側(後嚢)の真ん中が濁る後嚢下白内障は、通常、糖尿病やステロイド剤使用中の方に多く、進行が早くかすみなどの症状もとても強い白内障です。この方は60代前半と白内障手術されるには比較的若い方でしたが、既に水晶体の調節力も失っているため、手術により単焦点の眼内レンズにすることによるデメリットはほとんどない旨を説明させていただきました。また、もともと遠視であり老眼鏡を使用されていたこともあり、眼鏡なしで遠くが見えるようになるだけでも満足度が高いことが予測されたため、ご本人の希望とライフスタイルを考慮して、遠くにピントを合わせた単焦点レンズにて同意いただき、結果として大変ご満足いただきました。調節力がなくなった=老眼の進みきった方は、いわゆる単焦点の濁った水晶体になっているということですので、度数の合ったきれいな単焦点の眼内レンズにしてあげることでのデメリットはないと思われます。我慢せずに早めに手術される方が、手術自体の侵襲も少なくなり合併症の可能性も低くなりますので、まだ早いかなと迷われている方(特に遠視の強い方)は、まずはお気軽にご相談ください。

  • 術前

    右:0.4(0.5)

    左:0.2(0.5)

  • 術後

    右:1.2(1.5)

    左:1.2(1.5)

単焦点眼内レンズ

杉並区60代男性 白内障手術症例⑪(単焦点レンズ+緑内障手術)

強度近視と緑内障にて、他院より処方された緑内障点眼を2剤ご使用されている方でした。白内障手術目的にて当院初診され、眼圧は10mmHg台前半にコントロールされておりましたが、既に視野障害も中等度に進行しておりましたので、負担が少ない緑内障同時手術をご提案させていただきました。ご相談のうえ眼内レンズは右眼遠方優位のマイクロモノビジョンにて手術し、術後半年になりますが緑内障点眼を使用せずに眼圧7~9mmHgに安定し経過良好です。眼圧と視野障害の経過により今後緑内障点眼再開の可能性はありますが、視力改善に加え毎日の緑内障点眼から開放され患者様にも満足していただけました。手術適応は限られますが、患者様への負担の少ないMIGS(極小侵襲緑内障手術)の効果を再確認できた症例となりました。

  • 術前

    右:0.03(0.8)

    左:0.1(0.9)

  • 術後

    右:0.6(1.5p)

    左:0.2(1.5)

単焦点眼内レンズ

杉並区60代女性 白内障手術症例⑩(強度近視:単焦点レンズ)

核白内障はグレード2程度と中等度でしたが、-10Dを超える強度近視の方であり、白内障手術による屈折矯正効果も期待されて手術を迷われている方でした。視力障害をきたすほどではないですが、片眼には初期の近視性牽引黄斑症を認めていたため、当初より多焦点レンズは選択肢から外していただき、単焦点レンズでの手術をお勧めさせていただきました。強度近視の方で満足度が高いと報告されている-2.0D程度を目標度数としてマイクロモノビジョンにて手術を行いましたが、結果的に免許更新可能な視力である0.7を裸眼でクリアし、近見も眼鏡なしで1.2となりました。経験上、白内障手術により強度近視から解放された方は、同じ屈折度でも近視のなかった方より裸眼遠方視力が良い方が多い点は、非常に興味深いところです。

  • 術前

    右:0.09(1.0)

    左:0.1p(0.9p)

  • 術後

    右:0.7(1.5)

    左:0.7p(1.5)

単焦点眼内レンズ

杉並区70代男性 白内障手術症例⑧(成熟白内障:単焦点レンズ)

長年放置された成熟白内障であり眼底透見不能のため、正確な眼底評価ができませんでしたが、術前には、指数弁(かろうじて眼前の指の本数が判別できる程度)の視力が、術後は1.2と改善し大変満足していただけました。片眼のみの成熟白内障であり、外傷によるチン氏帯脆弱により眼内レンズが嚢内に入らないリスクもご理解いただいた上での手術でした。以前であれば8.0mmほど切開し嚢外摘出術(ECCE)を行っていた症例ですが、前嚢染色+超音波効率の良い最新のbalanced-tipを使用することで、角膜内皮障害などの合併症を起こすこともなく、2.4mmの切開創より予定通り手術を終えることができました。今後も積極的に新しい技術を取り入れ、患者様の負担を減らしたいと思います。

  • 術前

    右:指数弁(測定不能)

    左:0.1(0.8)

  • 術後

    右:1.2(1.5)

    左:1.2(1.5)