お知らせ

【白内障手術症例No.58】60代男性 乱視用回折型3焦点レンズ:ファインビジョン+単焦点Add-onアドオンレンズ

白内障手術症例集(多焦点)をアップしました

最近増えているAdd-0n(アドオン)レンズの症例です。
2年前に前医で3焦点回折型多焦点レンズである乱視用のファインビジョン・トーリックを用いて白内障手術をされましたが、遠視化してしまい遠近とも見えづらいとのことで初診されました。

前嚢収縮により、レンズ光学部が後部(硝子体側)に押しやられることにより、+2.0D程度の遠視化をきたし近方視力は0.2と低下しておりましたが、せっかく高機能な乱視用3焦点レンズであるファインビジョンが偏心なく乱視軸もピッタリきれいに挿入されていましたので、既存レンズのファインビジョンを温存して度数補正のためのアドオンレンズを追加挿入する治療を提案させていただきました。
まずは①ファインビジョンの多焦点機能がきちんと発揮されるようにYAGレーザーにて前嚢切開し度数変化が落ち着いたのちに、②アドオン挿入するという、2期的な治療計画としました。

術後は両眼とも遠方1.2p~1.5p/近方30㌢0.9p~1.0大幅に視力改善し、もともと電子回路などを扱うお仕事をされているということでしたが、実に2年ぶりに眼鏡なしで遠近ともよく見えることに大変喜んでいただけました。

詳細はこちらへ
https://morohoshi-ganka.com/opeex/986