お知らせ

【白内障手術症例No.59】 30歳男性 片眼手術 左眼:乱視用連続焦点型 テクニスシナジートーリック (右眼:7年前にテクニスマルチ)

白内障手術症例集(多焦点)をアップしました

リクエストがあったため若い方の白内障手術症例第3弾です。

右眼7年ほど前に私が大学病院で、アトピー性白内障に対し+4.0D加入のテクニスマルチを用いて手術し経過良好でしたが、今回は左眼の視力低下と霧視が増悪したと久しぶりに受診されました。

右眼の手術をした頃は患者様はまだ20代であり、片眼手術かつ強度近視もあるうえに、当時はアトピー性というだけで多焦点レンズは向かないといった風潮がありました。ですので単焦点レンズを使用するか多焦点レンズを使用するか、メリット・デメリット含めて慎重にご相談して多焦点レンズを選択されたことを覚えておりますが、現在も良好な視力を保てており安心しました。

今回の左眼も右眼手術時と同様に前嚢線維化により裸眼遠方視力は0.1と低下していたため、右眼のテクニスマルチと同じプラットフォームかつ乱視用もあるテクニスシナジーをお勧めさせていただきました。
手術は懸念されたアトピー性白内障特有の合併症もなく終了し、術後は遠方1.5・近方1.5pと大幅に改善し、曇っていた左の視界がすっきりしたと大変満足していただきました。

右眼のテクニスマルチと左眼のテクニスシナジーの見え方の違いなどの詳細はこちらへ
https://morohoshi-ganka.com/opeex/823