お知らせ

【白内障手術症例No.60】50代 編集職 (分節状屈折型2焦点レンズ レンティスコンフォート)

白内障手術症例集(多焦点)をアップしました

術後アンケート詳細に記載されたいとわざわざお持ち帰りされ、後日ご提出いただきましたので、レンティスコンフォートを検討されている方は、実際に手術を受けた方にしか分からない見え方の評価を、ぜひ参考にされてください

眼鏡店で視力不良を指摘され前医で眼鏡処方してもらったけれども、白内障手術で煩わしさが改善するならと初診された方です。
両眼とも短眼軸長眼でしたが、左眼は核硬度3.5程度の進行した核白内障により近視化しており、後嚢下混濁も合併していたため、裸眼視力0.08、矯正視力でも0.1まで低下しておりました。右眼はmildな白内障であり+1.5程度の遠視眼ではありますが、裸眼0.9・矯正1.2とまだ良好な視力でした。

レンズの種類については既にご自身でもいろいろと調べられており、もとより老眼鏡使用はかまわないから遠方はしっかり見えるように、保険適応である分節状屈折型2焦点レンズレンティスコンフォートでの手術を検討されていたとのことでした。右眼は遠視化により近見裸眼視力は0.1に低下しており、レンティスコンフォートを用いて手術することのデメリットは現時点でもほとんどないと思われ、ご相談の結果、右眼を気にせずベストな度数選択ができることもメリットと考え、両眼の手術をご希望されました。

左眼のみ病的に進行した白内障でしたが、レンズの特性を100%引き出すために、後嚢下混濁カプセルポリッシャー付のチップにて後嚢研磨することできれいに除去して手術は無事終了し、術後は裸眼にて遠方1.5/近方1.0pと遠近とも良好な視力に大変満足していただけました。ご希望にて右眼は目標屈折度をやや近方にシフトしての手術となりましたが、術後は裸眼にて遠方1.2/近方1.0と遠方視力も低下することなく期待どおりの結果となり、12年ぶりの眼鏡無しの生活に大変喜んでいただけました。

 

詳細はこちらへ
https://morohoshi-ganka.com/opeex/958