お知らせ

【白内障手術体験談㉗】強度近視・焦点深度拡張型多焦点レンズ:シンフォニー

白内障手術体験談(多焦点)をアップしました

多焦点眼内レンズの相談にて総合病院眼科より紹介の方です。右眼のみ-6.0Dを超える強度近視となっており、grade3程度の核白内障進行による近視化をきたしておりました。加えて糖尿病性と思われる後嚢下白内障により矯正視力も0.1以下に低下していましたが、糖尿病の血糖コントロールは良好であり眼底病変も認めないため、多焦点レンズ適応有りと判断させていただきました。
もともと両眼とも軽度近視であり、運転やスポーツの機会もなく、読書やミシンがけといった30cm程度や、料理などの50cm程度とテレビが見えることをご希望されましたので、近中距離から遠方まで連続的にスムーズに見える焦点深度拡張型のシンフォニーを近方優位で度数設定させていただきました。
結果として、両眼での近見視力は1.2と裁縫での針通しも眼鏡なしで行え、遠方視力も1.0と運転免許も眼鏡なしで更新できる視力に大変満足していただけました。

詳細はこちらへ

https://morohoshi-ganka.com/opeex/459