お知らせ

【白内障手術体験談㉑】緑内障レーザー治療後・焦点深度拡張型多焦点レンズ:シンフォニー

白内障手術体験談(多焦点)をアップしました

狭隅角による緑内障発作予防のためレーザー虹彩切開術後ですが、多焦点レンズでの白内障手術希望にて紹介初診された方です。紹介医は以前当院で多焦点レンズの手術を受けた私の先輩ドクターであり、私以上に手術によるメリットを身をもって理解されている方からの紹介となります。
患者様は典型的な強度遠視(強い老眼)を呈しており、浅前房でチン氏帯脆弱が予想されましたが、角膜高次収差もなく多焦点適応ありと判断させていただきました。
手術は特に問題なく術後屈折誤差も生じず、結果として遠方も近方も裸眼で1.2見えるようになり大変喜んでいただけました。
遠視の方は眼鏡がないとどこにもピントが合いませんので、常に眼鏡が手放せないことになります。白内障手術ではその遠視を同時に治すことができますので、強い遠視眼で白内障がある方は、早めに手術されることをお勧めします。お気軽にご相談ください。

詳細はこちらへ

https://morohoshi-ganka.com/opeex/400