診療内容

白内障手術体験談
多焦点眼内レンズ

杉並区60代男性 白内障手術症例㊶(タクシードライバー:3焦点型多焦点レンズ:パンオプティクス)

2年前より白内障と指摘され他院にて経過観察されていましたが、先進医療保険適応の多焦点レンズでの白内障手術ご希望とのことで当院初診の方です。左眼の前嚢下に強い混濁を認める前極白内障による視力低下をきたしておりましたので、手術適応ありと判断させていただきましたが、ご職業がタクシードライバーとのことであり、多焦点レンズの適応に関しては慎重に検討させていただきました。まずはカーナビの距離は確保できる低加入度のレンティスコンフォートや、比較的ハログレアの生じにくい2焦点型のアクティブフォーカスをお勧めしましたが、3焦点レンズのパンオプティクスでの手術を強く希望されましたので、場合によっては術後単焦点レンズへの入れ替えの可能性もお話ししての手術となりました。
手術に関しましては、前立腺肥大のお薬を服用されていましたが、術中の虹彩緊張低下症候群(IFIS)も軽度であり、手術は問題なく終了しました。
術後は早期から裸眼で遠方1.2・近方1.0と良好な視力に大変満足いただき、懸念されていた夜間運転時のハログレアも運転には全く支障なく、気にならないレベルとのことでした。右眼の白内障は比較的軽度であり屈折度の左右差もあまりないことから、当初は片眼の手術予定でしたが、左眼の術後に右眼の手術も強く希望され、そちらも裸眼で遠方1.5・近方1.2と良好な視力に大変満足いただきました。
ハログレアの感じ方は、瞳孔径や残余乱視、感覚的な個人差のあるところですが、術後屈折度が0(正視)に近いほど、不快な自覚は少なくなるようですので、適正な目標屈折度の設定と、術後屈折誤差を生じさせないための正確な術前検査の重要性が再確認された症例となりました。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.6(1.0)

    左眼
    遠見:0.5(n.c.)

  • 術後

    右眼
    遠見:1.5(n.c.)
    近見:1.2(n.c.)

    左眼
    遠見:1.2(n.c.)
    近見:1.0(n.c.)

Q.手術前はどのような状態でしたか?

昼光が眩しく感じられた。

Q.手術を受けようとしたきっかけは何ですか?

視力が落ちてきて、物がダブって見えた。

Q.手術中に痛みはありましたか?

痛みはほとんど無かった。

Q.手術後の見え方はいかがですか?

前より物がハッキリ見えるようになった。

Q.日常生活(お仕事、運転、スポーツなど)で変わったことはありますか?

スマホが眼鏡なして見えるようになった。

Q.多焦点レンズと単焦点レンズのどちらを選ばれましたか?

遠くも近くも見えるように、多焦点レンズを選んだ。

Q.同じような症状で困っている患者さんがいるなら、手術を勧めますか?

ぜひ勧めます。