診療内容

白内障手術体験談
多焦点眼内レンズ

世田谷区70代女性 白内障手術症例㊲(遠視眼・3焦点型多焦点レンズ:パンオプティクス)

当院で手術を受けた保険のお仕事をされている友人から勧められたとのことで、多焦点レンズを用いた白内障手術希望にて初診された方です。昨年から遠くも近くも見えにくいとの訴えで、年齢相応の白内障に加え遠視化もきたしており、両眼とも矯正しても0.3~0.4程度の視力に低下しておりました。
運転機会もなく先進医療対応の3焦点レンズであるパンオプティクス(PanOptix)での手術を希望されましたが、近見での事務作業を優先させたいとのことで、非優位眼は目標屈折度をやや近方優位に設定させていただきました。
短眼軸長の方でしたが手術は問題なく終了し、術後屈折誤差もなく両眼視で遠方1.5、近方1.2の裸眼視力に大変満足していただけました。パンオプティクスの近方焦点距離は約40cmとなりますので、30cmの距離はやや見えにくいと思われます。この方のように小柄な方は、一般的とされる読書距離よりもやや近い距離で見ていることが多いですので、術前にきちんと希望距離を把握しておくことをお勧めいたします。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.3(0.4)

    左眼
    遠見:0.3(0.4)

  • 術後

    右眼
    遠見:1.2(n.c.)
    近見:1.5(n.c.)

    左眼
    遠見:0.9(1.0)
    近見:1.0(1.2)

Q.手術前はどのような状態でしたか?

細かい部分が見えにくかった。
太陽が眩しかった。読書が辛かった。

Q.手術を受けようとしたきっかけは何ですか?

手術を受けた方々が、皆さま結果に満足されていたので。

Q.手術中に痛みはありましたか?

全く無かった!

Q.手術後の見え方はいかがですか?

全てにおいて快適になった。部屋の隅々まで掃除がしやすい。

Q.日常生活(お仕事、運転、スポーツなど)で変わったことはありますか?

新聞や本を読むのが速くなった。
伝票を書いたり、仕事のミスが少なくなった。

Q.多焦点レンズと単焦点レンズのどちらを選ばれましたか?

先進医療保険適用が出来ると知り、多焦点レンズにした。

Q.同じような症状で困っている患者さんがいるなら、手術を勧めますか?

是非勧めたく思う。こちらで手術させていただき良かった。