診療内容

白内障手術体験談
多焦点眼内レンズ

杉並区50代女性 白内障手術症例㉟(最強度近視・片眼:乱視用3焦点型多焦点レンズ:パンオプティクストーリック)

飛蚊症と光がまぶしく感じるとのことで白内障手術相談にて初診された方です。-10Dを超える最強度近視であり核白内障に加へ右眼は前嚢下に強い混濁がありアトピーや外傷も疑われましたが、いずれもで心当たりはないとのことでした。普段はソフトコンタクトレンズを使用されておりましたので、ご希望どおり、まずは右眼のみの手術を予定させていただきました。
先進医療保険加入であり多焦点レンズを用いをご希望されており、運転機会はなく事務仕事を優先されたいとのことでしたが、強度近視に加え3.0D以上の強い角膜乱視もありましたので、乱視用のパンオプティクストーリック(PanOptix toric)をご提案させていただきました。
術前の乱視軸のマーキングのときから非常に緊張されていましたが手術は問題なく終了し、懸念された強度近視眼特有の術後屈折誤差も生じませんでした。術前0.08(0.4)だった視力は、術後裸眼で遠方1.2、近方1.2pと劇的に改善し、コンタクトレンズを使用しない生活に大変満足され、術後にはさっそく左眼の手術も予約していただきました。
私自身が手術を受けてるわけではないので、患者様から術後の感想を聞くことでしか実際の評価はできませんが、手術する側としてパンオプティクスを使用して特に感じることは、術後診察時の眼底の見え方が、他の多焦点レンズに比べてとても良いことです。こちらから眼底がよく見えるということは、患者様側からも同様のクオリティーでよく見えているのだろうと思われます。パンオプティクス(PanOptix)は最新の先進医療認定の3焦点型多焦点レンズであり、現時点ではそれほど情報も多くないと思われますので、随時情報をアップデートさせていただきます。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.04(0.4)

    左眼
    遠見:0.04(0.9p)

  • 術後

    右眼
    遠見:1.2(1.5)
    近見:1.2p(n.c.)

    手術なし

Q.手術前はどのような状態でしたか?

右目にうっすら白い膜がはっていた。自転車のライトがあたると白くなって怖かった。どんどん数字が見えなくなった。6と8とか間違うと大変になるので。

Q.手術を受けようとしたきっかけは何ですか?

友人が5月に手術を受けて、よく見えるようになったと聞いたので。

Q.手術中に痛みはありましたか?

検査時のマークが痛かった。

Q.手術後の見え方はいかがですか?

全てが見えるようになり、明るく見えるのは初めてです。

Q.日常生活(お仕事、運転、スポーツなど)で変わったことはありますか?

手元も遠くも良く見えるので、今まで見えなかったガラスのヨゴレやお風呂場の小さいカビが見えて困っています。
仕事(事務系)パソコンや数字が見えやすくなった。読書も気軽にできるのが良い。

Q.多焦点レンズと単焦点レンズのどちらを選ばれましたか?

仕事で近くが見えないと困るし、映画なども良く見えるのはこれから先メガネなしで生活できるのが夢のようです。もう40年以上メガネ・コンタクト生活だったので、メガネを探さない人生初です。

Q.同じような症状で困っている患者さんがいるなら、手術を勧めますか?

もちろん勧めます!!