診療内容

白内障手術体験談
多焦点眼内レンズ

中央区50代男性 白内障体験談㉙(強度近視・焦点深度拡張型多焦点レンズ:ミニウェル・レディ)

硝子体手術後の核白内障進行による視力障害にて初診された方です。もともと両眼とも強度近視であり、都内の有名眼科医院にて、両眼の黄斑上膜と左眼の網膜剥離の硝子体手術をされており、そこでも白内障の手術を勧められていたとのことですが、ミニウェルによる手術を希望にて来院されました。
左眼は術後の軽度黄斑網膜萎縮がありましたが、右眼は黄斑部異常も認めず、より進行した白内障で視力障害の訴えも強かったので、まずは右眼のみの手術を予定させていただきました。
事前に多焦点レンズについてご自分でかなり勉強されており、見え方の質に対するこだわりも強い印象でしたので、ハログレアもほとんどないミニウェルは適していると判断し、お仕事であるパソコンなどのデスクワークを優先されたいとのことで、ターゲットをやや近見優位に設定させていただきました。
硝子体手術後=無硝子体眼であるため、通常の白内障手術よりもリスクが伴う可能性がありましたが手術は問題なく終了し、術後は裸眼で遠方1.2、近方1.5と遠近とも良好な視力に満足していただき、なかでも予想以上に近方がよく見えることに大変喜んでいただけました。
ミニウェルの近方加入度数の公表値は+3.0Dとのことですが、近方視力が弱いとの報告を多く見かけ、この方もそのことを心配されておりました。しかし当院では、術前の屈折度や使用コンタクトレンズ上の屈折度を参考にして、術後の目標屈折度を設定することにより、近方視力の不満例は現在のところ認めておりませんので、検討されている方はお気軽にご相談ください。

  • 術前

    右眼
    遠見:0.03(0.7)

    左眼
    遠見:0.05(0.9)

  • 術後

    右眼
    遠見:1.2(1.5)
    近見:1.5(n.c.)

    左眼
    手術なし

Q.手術前はどのような状態でしたか?

ピントが合わず眼鏡の度数を変更してもすぐに見づらくなった。

Q.手術を受けようとしたきっかけは何ですか?

手術以外に改善する方法は無いとインターネットで知ったから。

Q.手術中に痛みはありましたか?

ほとんどありませんでした。

Q.手術後の見え方はいかがですか?

予想外に近くが見やすい。事前情報では近くはやや見づらいということだったので。

Q.日常生活(お仕事、運転、スポーツなど)で変わったことはありますか?

起床時、眼鏡をつける手間が無くなった。TVが鮮明に見える。

Q.多焦点レンズと単焦点レンズのどちらを選ばれましたか?

多焦点を選びました。眼鏡をつける機会を減らしたかったので。

Q.同じような症状で困っている患者さんがいるなら、手術を勧めますか?

はい。是非お勧めします。